2012年06月29日

1年生議員の怒り

民主党の1年生議員たちが、消費税率引き上げ
法案で造反した小沢グループなどへの厳しい
処分を求めて、野田総理に詰め寄りました。

なんともあさましい。

採決後に選挙区の人たちから反対しなかったこと
を非難されたがゆえに、造反議員たちへの八つ当
たりなのです。

要するに、党からの処分を恐れて賛成票を投じた
ものの、強まる批判とは反対に、造反議員が英雄
視されているのが羨ましくてしょうがないのです。

堂々と反対できなかった自分への怒りを、造反
議員へ向けているにすぎません。



消費税率引き上げ法案に、心から、心から、心から
賛成票を投じた議員は何人いたのでしょうか。

民主党のみならず、自公も含めて何人の議員が
仕方なく賛成したのでしょうか。

参議院のみなさん。党議拘束で賛成した衆議院の
中に、こうして後悔している議員がたくさんいる
ことを心に刻んでいただきたい。

政治の根本とは国民の声を聞くことであって、党
のためにあるものではなく、ましてや首相個人の
理念達成のためでもありません。



1年生議員さんたちにも言いたい。

少しでも後悔しているなら、小沢グループに処分
を下す運動をするのではなく、野田代表の辞任を
要求する運動に切り替えてください。

それで、わずかでも選挙区民から信頼を取り戻せる
かもしれません。

後悔していると、はっきり明言してください。
参議院の人たちに、賛成したら後悔するぞ、と仰っ
てください。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 08:41| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自宅の改造を嫌う父ですが、雨の日は映らない
テレビアンテナを地デジ用に取り替えました。
以前に自室で試したので、2度目になります。
屋根の設置も壁の穴も本職並みの出来で、
帰宅した父も映像の良さに怒りませんでした。

震災後に建築ラッシュで、地元後輩たちが、
30代で家を建て替えています。田舎なので、
結婚して家を建てたら、家長と見られます。
風来坊の私は「誰さんの息子」とおまけなの
ですが、これをバネに上昇志向で頑張ります。

1期のマニュフェスト議員は、棚牡丹当選で、
信念と苦労が浅かったのかも知れません。
国家国民の代表として、責任は重いのです。

昔、威勢のよかった私は看板が無くなって
身に沁みます。組織あっての才能だった。
本物の実力を身に付けよ。三成でなく家康。
Posted by いばらき at 2012年06月29日 17:23
いばらきさん、コメントありがとうございます。

子竜も甘やかされて育ちましたが、本気で自己
啓発に取り組んだのは、父親が他界してからで
した。

あれやこれやと介入してくる親戚に反発すること
しかできなかった子竜が、一時耐え忍んでも皆が
アッと驚く小説家への転身を果たしたのです。

知っているかどうかなんて、大したことじゃあり
ません。わかっているかどうかも微々たる話。

肝心なのは、成ったかどうかなんです。成って
みせることなんですね。

風来坊から脱出してみせる。結婚してみせる。
そうじゃないと、いつまでも変わらない気が
しますよ。

いばらきさんなら、ちゃんと成れます。
それとも、子竜の目を節穴だと思いますか。
Posted by 子竜 螢 at 2012年06月30日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。