2012年07月16日

お中元に迷ったら

ずっと昔、お中元は上から下へ配るものでした。
盆暮れの物入りな時期を身分の低い低所得層が
乗り切れるよう配慮したのですね。

今は逆になりました。だからこそ、贈る側が
とても迷ってしまうのです。

自分より身分の高い高額所得者に何を贈ったら
喜ばれるのだろうかと。。。



もしも迷っているのでしたら、この記事の最後
に添付してあるURLをクリックしてみてください。
他には絶対にないものがたくさんリストアップ
してありますよ。

もちろん、相手先まで送り届けてくれますので
とても便利です。



今年のオススメは、特大の「しまホッケ」ですね。

なんと体長40センチもある特大ですので、居酒屋
などで召し上がるものより脂がたっぷり乗っている。

さあ、売り切れないうちに、どうぞ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:お中元
posted by 子竜 螢 at 16:33| Comment(8) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重要なご意見を有り難うございました。
私なりに毎日動いてみました。ここは地域的な関係で、
原子力(福島原発含む)半分、看護婦(介護士)半分。
設計事務所も見て来ましたが、不況のようです。
Posted by いばらき at 2012年07月16日 18:59
私は、こういう慣習はもう不要なのではないかなと思います。
心付けという言葉でまとめてますが、今の社会ではそれすらも評価基準にしようと思ってる社会に問題が多いのかなと思います。
贈呈品を評価基準にする社会というのは、どこが法治国家の礎なのかがと思ってしまいますね。というのは極端かもしれませんがね。
モノを贈って喜ばれるのはいいことですが、慣習ではそれは意味がないと思います。パブロフの犬と同様の反応を起こしてる感じでしょうか。
自分の食べたい物の為によく通販を利用してますが、先日ブロックベーコン1kg纏め買いしました。
Posted by König at 2012年07月17日 01:35
いばらきさん、大丈夫ですか。

ちょっと言い過ぎたかな、って思っていたと
ころでした。

でも、放っておけない大切な人なので、頑張って
ほしいのです。

成果報告を期待してますからね。



Königさん、コメントありがとうございます。

最近はパブロフの犬以下でしょうね。貰ったほうは
さも当然という顔ですし、合法的な賄賂でしょうか。

子竜は、本当にお世話になった人だけに毎年贈って
います。というより、その都度お礼をしています。

こういう風習を見直すのも、そろそろ必要なのかも
しれませんね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年07月17日 12:02
いばらきさん、先生と同じ私も毎日コメントが書き込まれていないので、とても心配でした。傷ついて落ち込んでいるのでは?と。
本当に純粋な方なのでしょう、でも日常のあまりにも平和な光景が
書き込まれそれを読まれる先生はどんな気持ちなのだろうか?と
私なりに心を痛めていました。
そして先生の察して下さい!の悲鳴とも私には読み取れました。
どちらもいい人です。だからこそこのブログは大好きです。
Posted by 花子 at 2012年07月17日 22:44
花子さんこそ、本当にいい人ですよ。

他人の心配をなさるなんて、まるで梅ちゃん
先生ですね。暖かな人柄が文面から滲み出て
います。

でもね、ちょっと誤解されているようです。

子竜がいくら苦労したからといって、平和的な
コメントに怒りはしませんよ。体格に似て心も
ジャンボなつもりです。

実はね、いばらきさんとは何度もメールで交信
していまして、その流れでの、察してください
でした。

他の方に誤解を与えたのは本当に申し訳ありません。

いばらきさんは素直ないい人ですし、当ブログに
コメントを寄せてくださる人によって子竜は支え
られております。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 子竜 螢 at 2012年07月18日 12:43
単純な人間の書込みでお二人にご不快な思いをさせてしまい
申し訳ありませんでした。
益々のご活躍をお祈り致します。
Posted by 花子 at 2012年07月18日 13:44
私の根性なしに、先生から一喝頂きました。
真言なので雷撃ですが、温かい先生です。
花子さまも、ありがとうございます。
会社員時代に「歯車が勝手な事するな」と
言われ続けて、忍耐力は付いています。
前進です。前進、前進、明るい未来へ。
Posted by いばらき at 2012年07月18日 18:39
花子さんに責任はありませんよ。悪いのは
他の読者さんのことみ考えずに唐突に書いた
子竜にあります。

申し訳ありませんでした。

これに懲りず、また暖かなコメントをお寄せ
いただきますようお願いいたします。



いばらきさん、嫌われるのを覚悟でアレコレ
言いましたが、ご理解いただいたようでホッ
としています。

本当に素晴らしい人材だと感じていますので
このまま埋もれてほしくなかったのです。

また何でも相談してください。

一緒に頑張りましょう。

Posted by 子竜 螢 at 2012年07月19日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。