2012年07月24日

消費税撤廃論

消費税率を引き上げた場合、社会保障費の給付
も引き上げないと、社会保障費は実質の減額に
なってしまいます。

そのことを踏まえた上で、消費税撤廃論を検証
してみましょう。

この論は、子竜の発案です。



消費税率を値上げするなら社会保障の給付も
上げなくてはならなくなります。

生活保護費や医療の面で赤字になってしまう
人が出てくるからですね。



ポイントとなるのは、消費税収と社会保障費
との額の差です。

社会保障費のほうが圧倒的に多く、今後も増え
続けますから、消費税率を上げると国の収支が
トータルでマイナスになるのです。

これは、ギリシャ・イタリア・スペインで発生
した財政危機を招いた原因と同じなのです。

消費税を上げないとギリシャ化するのではなく、
上げたらギリシャ化してしまいます。



むしろ、現行の5%も撤廃すると、社会保障費
の給付も5%減らしてもよいのですから、総額
の差から国の収支はプラスになるのです。

しかも、消費が刺激されて所得税の自然増も見込め
ますから、子竜の予想では消費税10%に匹敵する
収支改善になるだろうと思われます。

ですから、増税に反対するばかりではなく、消費税
そのものの撤廃を叫ばなくてはなりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:31| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姪っ子2人、友逹3人、ご近所さん、
町民多数、キリスト教、来客も電話も
途絶えません。お客さまは神様です。

学校行事で、姪っ子パパさんも来ました。
大変な1日でした。隙間時間に9枚、
夜に台湾ビデオを見たら、限界です。

父も神社(神事)、役所、相談と忙しい。
本格トラクターを買うそうです。
私の家庭菜園では迫力ない。

減税や規制緩和は、良いと思います。
Posted by いばらき at 2012年07月24日 21:23
消費税の撤廃は賛成です。というのも、消費税の根底が余計に取られてるものという感情がありますので、各種加算税と比べて余計な手間だと思います。納税する側としてもですがね。

日本においては、サラリーマンの控除の多さが特に節税対策であったと思いますが、今の時代は奥さんも働いて当然と言うような環境になってきたと思いますので、租税という面でかなり酷い環境であると思いますね。

私が為政者であれば、日本全体もしくは一部を租税回避特区として指定することによって外資の受け入れを行うと思いますね。その方が、今後のメリットが多いですしね。
Posted by König at 2012年07月25日 02:10
いばらきさん、コメントありがとうございます。

相変わらず周辺は騒がしそうですね。

でも、9枚書けたなら上出来ですよ。歴史群像の
結果が楽しみです。




Königさん、いつもありがとうございます。

国民から元気を奪ってしまったら、国が元気に
なるわけがありません。

消費税撤廃論をどこかの政党に提案してみま
しょうかね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年07月25日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。