2012年07月26日

ロンドンがピンチ 2

ロンドンオリンピックの開会式に先立って、
なでしこジャパンがやってくれましたね。

カナダを相手に2対1での勝利。

日本選手団に弾みがつきそうです。



ところが、参加国の国旗に関するトラブルが
続出しました。単なるミスなのか、意図的な
ものなのかは不明ですが、早くも不穏な空気
が漂う開幕となりました。

最初の国旗に関する事件は、北朝鮮のサッカー
チームの選手紹介をする際、名前の横に韓国の
国旗が表示されたことから選手たちが抗議。

試合開始が1時間も遅れるというハプニング
でした。



次に発生した国旗に関する事件は、メインスタ
ジアムに掲げられる参加国の国旗から、台湾旗
の「青天白日満地紅旗」がいつの間にか撤去
されていたというものです。

サッカーでの事件は単純ミスと見なせても、台湾
旗の件は関係者が意図的にやったとしか思えません。

参加国と参加地域の旗を撤去する理由など、どこに
あるというのでしょうか。

そんな例など過去の大会では一度もなく、中国から
の圧力が働いたのではないかと勘ぐりたくもなり
ますよね。



スポーツの世界に政治を持ち込んではいけない。

だから、野田総理も日本選手団を激励に行くなんて
ことは、逆効果だからやめていただきたい。

オリンピックはあくまで神聖なものであるべきです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カブト虫少年が4人来ました。
夢中で木に石を投げていますが、
そんな事では取れません。
叱るか、教えるか、とお節介魂。
父母無視なので、放っときました。

昼より夜、樹液か、穴か、根元。
昔は父兄から教わったものですが、
勉強ばかりで、体力が余っている様子。
冒険心は結構。荒れるのは良くない。

野球チームは、解散したみたいです。
親は野球、放射能、ダメなのでしょう。
イライラを情熱に換えると急成長。
地元からイチローが出るといいなぁ。
Posted by いばらき at 2012年07月26日 17:32
周囲騒がしく、考え事しながらなので、
メガネっ子さん会話も盛り上がらない。
「それで如何したの?」と聞かない私は、
度量が小さい。猛反省して改善します。

いついかなる時も、光を照らす人間に。
また先生に、叱られてしまいます。
Posted by いばらき at 2012年07月27日 11:41
いばらきさん、コメントありがとうございます。

イジメをする人間は最低ですが、もっとひどいのは
見て見ぬ振りをする人ですよ。

困っている人は助けてあげましょう。カブト虫の
採り方も教えてあげるべきでしたね。



Posted by 子竜 螢 at 2012年07月27日 18:09
ちなみに少年4人は悪童の方で、他人の庭で騒ぎ、
石を30分も投げて木々を荒らす、新顔です。
男子4人居れば、捕り方を工夫するでしょう。

仏の顔も三度、大目に見るのも胆力、叱るも大人。
母は「クソガキめら」と言っても許していました。
次からは困っている人を助けます。話も聞きます。
Posted by いばらき at 2012年07月27日 20:35
いばらきさん、叱るのも大切なんですよ。

叱った上で、ちゃんとした方法を教えてやると
常に言うことを聞いてくれるようになります。

褒めるばかりの人は媚びる人ですし、叱るば
かりの人は単なるヒステリーですね。

清濁あわせ呑んでこそ、一流です。

アメとムチのようなテクニックじゃなくて
気持ちで接しましょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年07月28日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。