2012年08月21日

中国国旗を燃やす

領土問題ネタが続きますが、昨日、ユーチューブ
で面白い動画を発見しました。

なんと、尖閣へ強硬上陸した香港の活動家が、
中国の国旗を燃やしているではありませんか。

日の丸ではありませんよ。



動画はサイト内検索ですぐに見つかります。

が、これは何を意味しているのでしょうか。



イギリス領として自由を謳歌していた香港の
人々は、借地期限の到来によって強制的に
中国の国民に編入されました。

子竜だったら、その前に脱出しているでしょう
ね。自由のない社会で生きてはゆけません。

口では中国の領土と叫んではいますが、国旗
を燃やすところに本音があるのでしょう。



中国は、他にもチベットやウイグルなどの
民族問題を抱えています。一枚岩ではない
ところに、弱点がありそうですね。

韓国も同様でして、北に大きな脅威を抱えて
いる以上、日本と本気でぶつかれないはず
なのです。



解散総選挙後、もしくは来年のダブル選挙後、
新しい政府は中韓両国の弱点を突く外交を
してほしいものです。

日本の弱点である憲法第9条を突付かれる
ばかりの外交は、そろそろ卒業しましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:竹島 尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 09:33| Comment(4) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基本的に日本場合は、日の丸に敬意はありませんが他国の国旗を燃やす習慣が無いので、他国の国旗を尊重してるのでしょうね。
香港の2政府体制は、かなり負担が大きいのだと思います。フェンスの向こうは投票による選挙で、本土はほぼ固定化されてる選挙ですからね。そういう選挙や社会環境は国民にお負担が大きいですね。
彼らの性根は自由主義陣営の考えなのでしょう。日本は共産主義的な秘密政治を尊び始めてるので何とか正道に戻る方法を考えたいですがね。
Posted by König at 2012年08月22日 00:55
先生の大いなる御恩と御指導のお陰様によりまして、
22日に書き上がりました。有り難うございます。
手書き、ワープロ、見直しで、時間が掛かりました。
Posted by いばらき at 2012年08月22日 02:31
こちらは31日の夜に1日必着で応募予定。
月末は仕事も輻輳していて、しんどい。
とほほ。
Posted by 西田です at 2012年08月22日 07:35
Königさん、コメントありがとうございます。

国旗を燃やしたり汚すことは、国際法で禁止
されています。

が、自国の国旗だとその国の国内法が適用。

しかし、香港の独立運動ではないかと思え
る行動でした。



いばらきさん、ご苦労様でした。良い結果
として反映されたらいいですね。

これからが楽しみな人材です。本当に。



西田さん、ラストスパートですね。

頑張ってください。

終わるまで、仕事上がりの生ビールは
禁止ですからね(笑)
Posted by 子竜 螢 at 2012年08月22日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。