2012年08月26日

国交断絶に等しい

野田総理の新書が郵送で送り返されましたね。

外務省の窓口が門前払いをしたために起きた
椿事ですが、通常の感覚なら、国交を断絶する
意思の表明だと思います。



しかし、野田総理は冷静に構えています。その
点だけは評価しましょう。あえて国交断絶やら
経済制裁をしなくとも、大人と子供のケンカ
みたいなものなのですから。

サムスンのやり方が世界で通用しなくなってきた
ことは、昨日の記事のとおりです。

パクリに象徴される韓国企業のやり方は、無理に
でも友好度を高めたい日本でしか通用しません。



日本は、自民党政権時代からずっと韓国との友好
を考えてきました。

しかし、今回の竹島問題や天皇への謝罪要求など
を勘案しますと、日本の片思いだったと思わざる
を得ませんね。どこまでいっても、半島の人は
日本が嫌いなのでしょう。

それを踏まえた上での付き合いが、これからは重要
です。嫌われていることをわかった上で、これから
も好きになってくれないことを承知の上での外交や
経済交流を考えなくてはなりません。

NHKなどは、日韓友好などという幻影を、いつ
までも掲げてはならないでしょう。韓流も日本から
の友好の押し売りでしかないのですから。



日本の不幸は、近隣に反日的な国ばかりという点
でしょうか。

友好国ばかりなら東アジア経済共同体のようなものが
とっくに出来上がっていて、EU以上のものになって
いたことでしょう。

あるいは、日本がかつて半島を併合し、中国を攻撃
したことが、今となっては正しかったと言ってもい
いほどなのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:竹島
posted by 子竜 螢 at 09:38| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹島よりも天皇への侮辱の方が今回の問題が殊更に大きくなったのではないでしょうかね。
私は経済制裁を行い続ける事が一番であると思いますね。その間に沖縄に特区の港を作って東アジア地区を抑えるようになればいいのですからね。
これまで、日本は韓国を友好国として迎えてましたが、このような相手では友好国ではないと思えますね。経済制裁を発動してもらいたいものです。それが出来ないから日本の外交は弱腰と呼ばれてるのですから、野田総理はここで強気の姿勢を選ぶべきでしょう。
Posted by König at 2012年08月26日 18:43
相手は隣国だから仕方なくつきあっていたのに、
日本は勘違いして、友好の押し売りをしてきました。

Königさんが仰るように強い姿勢は大切です。が、
それ以前に、友好じゃなく普通の国として接する
だけで、自然と制裁になるのではないでしょうか。

Posted by 子竜 螢 at 2012年08月27日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。