2012年08月28日

やる気スイッチの入れ方

こう暑くては、何もする気になれませんよね。

もうすぐ9月だというのに、週間予報の最高
気温は30度を超える日ばかりです。



まあ、暑くなくともやる気スイッチがなかなか
入らないときはあるでしょう。

今回は、スイッチが入らない人のために、子竜
の方法をお教えしましょうか。



小説家は原稿を書いてお金になる職業なのですが、
それでも机に向かうには抵抗を感じるものなのです。

今日はダルいから明日からにしよう、なんて、あなた
にも身に覚えはありせんか。

なぜそんなことになり易いかといえば、キリのいい
ところで終えようとするからなんですね。



たとえば、ある部屋を掃除するとします。

普通ですと、その部屋の掃除を完了するまで止めま
せんよね。

しかし、こういうキリのいいところで止めるのが
原因でして、次の部屋の掃除をするのに改めて
やる気スイッチを入れなくてはならなくなるのです。

ですから、わざと少しだけ残してその日の掃除を
終えますと、翌日は続きをするのに抵抗は感じません。

しかも、それがウォーミングアップとなって、次の
部屋の掃除にそのまま取り掛かれるのです。



このように、キリのいいところで止めるのではなく
わざと少し残して止めるメリットを体験してみて
くださいませ。

やる気スイッチがずっと入ったままの生活に変貌
すると思いますよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 07:27| Comment(3) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
郵送して来ました。帰りに本屋さんにて、審査前審査は0点だったようです。
4日でも喰い付きなし。「見てみたいですぅ」の期待を裏切ったようです。
無職の小説馬鹿。無口のニコニコ男が、戦場の熱血ヒーローを描いている。
「なんじゃこりゃ」のどん引きです。全然、ほんわか作品でないじゃん。
(上記、推測です)来月は勉強に「童話」を考えます。
Posted by いばらき at 2012年08月28日 10:33
前記、悪文すみません。たぶん神経衰弱です。
激やせ豆ハゲ、ちょっとの事が堪えられない。
オーバーに言えば、室温35度と騒音生活です。
昼間の文章と夜中の文章が、違います。

8/6から続いていた屋根瓦工事も終わりそうです。
お盆の5日間を除いて、日曜も連続工事でした。
かなりの騒音、窓を閉め切って酷熱、ホコリで咳。
姪っ子たちは、変な奇声をあげて暴れています。
Posted by いばらき at 2012年08月28日 19:45
いばらきさん、いつもありがとうございます。

子竜のマンションの両隣が、先月から改築中
です。でも、集中してると関係ないですね。

女性に戦場熱血ヒーローものを読んでくれと
いうのが間違ってますよ。

今度は、告白も兼ねた甘い恋愛小説でも書いて
そっと差し出せばどうでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2012年08月29日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。