2012年10月20日

政治家というお化け

民自公の党首会談が喧嘩別れに終わりました。

予想どおりとはいえ、解散という政局ばかり
に意識を向けているのには感心できません。

一票の格差是正や特例公債の発行など、緊急
の案件は山ほど残っているのです。



田中法務大臣が辞任の意向、とニュース速報
が出たので、やっぱりね、と思っていたら、
誤報でした。

緊急入院した本人が速報に驚いて、藤村官房
長官に否定の電話をしてきたという。

暴力団とのかかわりや外国人からの献金など
ですでに政治生命が終わっているのに、なぜ
大臣の椅子にしがみつくのでしょうね。

生命を終えているのが自覚できずにいる存在
をお化けと称します。



こんな状況では、参議院で問責決議案が可決
されたこともあって、臨時国会を開いたとし
ても何も進まないでしょう。

民主党政権の延命に手を貸した自公の三党
合意からして、自公が首相に解散を迫るの
は滑稽に見えて仕方がありません。

お化けや妖怪は、水木しげる氏の専売では
なかったのですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:解散 辞任
posted by 子竜 螢 at 10:55| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万度ながら、民主党の選ぶ法務大臣と公安委員長は異常な選択が多いですね。
防衛大臣に森本さんを起用したのも、私は間違いであると思いますしね。
野田総理の才覚がよく分かる内閣改造であったと思います。
所詮はドジョウであってウナギにもアナゴにもなれない、矮小な生き物だったのでしょう。
Posted by König at 2012年10月21日 02:38
Königさん、コメントありがとうございます。

不適格な大臣が就任する度に問責だの審議拒否
だのと、大事な案件がストップしてしまいます。

有終の美ならず、有終の醜になってしまったと
ころが、民主党らしさでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2012年10月21日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。