2012年10月26日

結党パーティーと新党会見

いや〜驚きましたね。80歳にして都知事を
辞任し、衆院選への出馬表明ですよ。

しかも、新党を結成して党首になると仰る
のですから、今更、と思う以上の驚きです。



ネット上で意見を拾ってみましたところ、賛否
は半々でしたね。

尖閣の購入問題とその後の経緯・東京新生銀行
と五輪招致の失敗など、引っ掻き回すのが得意
な人という印象なのですが。。。

正反対の政策を含む維新との連携も、本気です
か、と疑いたくもなります。たしか、大阪都構想
にもっとも反対していたと記憶しています。



息子のいる自民党との関係は?

とにかく、わからないことが多すぎる段階で
指示する意見を述べている人の気がしれません。

自公から民主への政権交代時のときのように、
国民は二度と気分や機運だけで判断してはなら
ないのです。



記者会見は昨日の午後3時に都庁の7階で行な
われましたが、午後6時からホテルニューオー
タニで国民の生活が第一の結党パーティーが
予定されていました。

小沢とは絶対に組まない、と会見で述べていた
ように、タイミングを考えてのことだったの
でしょう。マスコミ報道のほとんどは、石原氏
ばかりでした。



しかし、小沢氏と組まないとすれば、民自公
の路線に近いものなのでしょうかね。

まさか、総裁選で敗れた息子の応援団結成では
ありますまい。

都知事のままなら維新や減税との連携も意味が
わかりますが、国政での連携とは、正式なマニ
フェストを掲げていない同士で、早くも話が
まとまるものなのでしょうか。疑問です。



この件に関して、みんなの党の渡辺代表が述べた
コメントはよく理解できました。

石原氏が自民寄りであるなら、連携する維新は
維新ではなく新撰組ではないか、と。



ともあれ、乱立気味の政党がどうまとまってどう
淘汰されてゆくのか。

それを見極めるためにも、早期の解散はしない
ほうがいいのではないかと感じております。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:41| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、石原氏は、当選するとは決まっていませんよ〜。(笑)
Posted by 西田です at 2012年10月26日 13:17
西田さん、コメントありがとうございます。

当選しなくても党首あれば、国会に影響力
を与えられますからね。

ずっと石原新党がささやかれてきたのに、
今更って思ってしまいました。

これからの政界再編劇が見逃せません。
Posted by 子竜 螢 at 2012年10月27日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。