2012年11月14日

シリア情勢が動いた

シリアの反体制派がカタールのドーハで
一同に会し、シリア国民連合を結成しま
した。

アラブ連盟と湾岸諸国が支持を示し、次いで
フランスとアメリカも、シリアの国民を真に
代表する組織として承認しました。

安保理決議ではロシアと中国が拒否権を行使
していましたが、こうなりますとアサド政権
の命運は尽きたも同然でしょう。

国民に危害を加える政府が、いつまでも続く
はずはないのです。



チュニジアから始まったジャスミン革命は、
世界中の名だたる独裁政権を妥当してきま
した。

ミャンマーの民主化も、世界の趨勢を眺めた
上での軍部の譲歩だったと思います。



となりますと、最後に残っている北朝鮮と中国
の動きが気になってきます。

独裁者と一党独裁の国です。いくらネットを
規制していようとも、民衆が望んでいるもの
は必ずどこからか漏れるものです。

いいえ、実はすでに始まっています。



反日デモに名を借りた暴動は、実は今でも続
いているのです。

全国人民代表会議の開催中、中国のあちこち
でこれまでにない暴動がありました。爆弾テロ
まで発生したらしく、人々の共産党幹部への
不満は相当に溜まっているようですね。

また、平壌では独裁体制を批判する落書きが
後を絶たないようで、取締りを強化している
ようです。



情報を遮断するのは有効な保身術かもしれま
せんが、同時に発展の芽も摘んでしまうこと
になるでしょう。

戦後の独立運動の嵐同様に、世界の流れは
民主化へと大きく動き始めているのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 13:11| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中東は王制が多いのでアレなところが多いですが、結構圧政を敷いてる勢力が多い所なのですよね。アラファトやカダフィらのような長期支配を行える土壌があると言うべきかもしれません。
中国は、共産党という名の王政ですね。王が不在で宰相が時々変わると言う感じの、ある意味で昭和天皇が戦前考えていたであろう理想形の最終形態なのかなと思います。

私は戦争は起きる時は起きるものと思ってますので、今更平和が一番という意見は生まれません。むしろ外交が戦争の手前であると思ってるので、止むえなしという覚悟を見せる方が今後の国家の為になると思います。
日本が圧力をかければ、そうそう遠くない時期に中国北朝鮮と韓国が崩壊をするのではないかなと思います。その為に日本が強気の姿勢でフィリピンやベトナムを守る用意があると言う事を発表する準備をするべきでしょうね。
Posted by König at 2012年11月16日 02:35
Königさんが仰るように、軍事は外交の一部
です。

そういう認識がないのは、現在の日本だけ
でしょうね。

経済面を考えるなら、近隣三国を崩壊させて
よいかどうかは難しいところですが、日本に
反抗的な態度がとれないほどにはしておき
たいところです。

きっと、そういう状態を平和というのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2012年11月16日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。