2012年12月17日

選挙無効訴訟の動き

衆議院選挙が終わりまして、ようやく政治ネタ
を堂々と述べられるようになりました。

それにしても自公が圧勝でしたね。いくら民主
の凋落ぶりがあったとはいえ、衆議院での3分
の2という議席数は、参議院のネジレ状態をも
事実上解消するものでした。

まさに、1人しか選べない小選挙区制度と比例
との2重立候補制度による魔術です。



もう一度選挙をやったなら、自公の勝利は間違
いないとしても、投票率からはて違ったのでは
ないかと思えます。

政党が乱立するほど政治の場が過熱しているの
に、戦後2番目の投票率の低さとは、どういう
現象なのでしょうか。

棄権した人は政治家の文句は言えませんよ。
投票したい人がいなくとも、25歳以上であれば
自分が立候補するという選択肢もありますからね。



ところで、全国の弁護士グループが、違憲状態下
での総選挙を無効とする裁判を起こすらしいです。

これまでの選挙無効裁判の判決は、次の選挙まで
違憲状態を解消するのを前提に選挙結果の有効を
認めたものでしたから、どういう判決が下される
ものかと注目されます。



ともあれ、3分の2まで議席を与えたのが民意な
のか、あるいは小選挙区制ゆえの暴走だったのか、
これからの安倍新総理次第でしょう。

すぐに参議院選挙が控えていますので、安倍政権
には大敗しないよう努力していただきたいと思い
ます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:07| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。