2012年12月23日

維新の最低賃金撤廃論

衆議院選挙の結果を見て驚いたことのひとつ
に、維新の会が予想以上に議席を獲得したこ
とでした。

えっ、予想以下の間違いではないかって?

いいえ、投票日の間際に、橋下氏が最低賃金
の撤廃を叫んだことで、さらに人気が落ちて、
30議席がいいところだろうな、と読んでい
たのです。



最低賃金とは、単に労働の対価であるだけで
なく、生活保障の義務を企業に課しているも
のなのです。

労働者は消費者でもあるのですから、すべて
の労働者が現行の最低賃金以下になりますと
内需が崩壊してしまいます。

こういう政策を打ち出した党が躍進したこと
に危惧を覚えますね。



維新に期待した人は、おそらく都会の方なの
てしょう。道州制・TPPなど、どの政策を
見ましても都会はいいが地方は壊滅しそうな
ものばかりです。

ましてや、日替わり的な発言を繰り返す党首
がいる上に、政策がまったく違う太陽との合流
でした。

3年前の選挙のように、マスコミに洗脳された
結果でなければいいが、と心配です。



最低賃金に話を戻しますが、たとえば時給を
1000円にして計算してみましても、月に
20日間で1日8時間では、月額16万円で
して、年収は200万円に届かないのです。

賞与を含めていないのは、今後も非正規雇用
が増えるからですし、最低賃金は賞与のない
人のためのものだからです。

橋下氏がいうような、最低賃金を撤廃すれば
雇用が増える、なんていう理論はあり得ません。

財界は、これ幸いに賃下げ競争に入るでしょう。
ますます正規雇用を減らすことでしょう。

結果、デフレはますます加速するわけなのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:18| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デフレ下の最低賃金の廃止は非常に危険です。
バブルのような、好景気状況であれば最低賃金の廃止があってもおかしくなかったでしょう。
もともと、維新はベーシックインカムを奨励してるのですから、その分を最低保障として国民に与えると言う感じでしょうけど、それを行うには、かなりの重税を強いる結果となり結果として国が疲弊すると言う事になります。
維新の勢いは、先のみんなの党と同じになるでしょう。と思いますが、評価基準としてみると、政策集団にはなれないでしょうから、次で失速する結果になると思います。

デフレを脱却するために非常手段かもしれませんが、公定歩合の緩和でしょうかね。
今後を考えると、デフレ脱却が優先ですね
Posted by König at 2012年12月26日 02:52
Königさん、公定歩合は現状でもほぼゼロで
すよ。

金融緩和しても、銀行が過去の不良債権で
苦しんだ記憶から、安全な企業や個人にし
か貸さなくなりました。

結果、いくら福沢さんを印刷しようとも、
市中に出回らないのです。

国民全員にタダで配るくらいのことをしな
い限り、早期のデフレ脱却は難しいですね。

維新も未来も。。。いいえ、参院選に向けて
まだまだ政界の離合集散があるでしょう。

コメントありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2012年12月26日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。