2012年12月24日

聖夜ならぬ性夜

いつの頃からか、カップルにとってクリスマス
イブは高級レストランで過ごすようになりました。

ただし、これは日本だけの現象で、クリスチャン
の国では、恋人とではなく家族で過ごすそうです。



クリスマスイブができちゃった結婚を誘発している
のは確かなことで、少子化問題に貢献してはいるの
でしょう。

聖夜ならぬ性夜ですな。



しかし、真面目に相手との結婚を考えているなら、
相手を教会のクリスマスミサに誘ってみてはどう
でしょうか。

きっと、真面目で敬虔な面もあったのだね、と惚
れ直してくれるかもしれませんよ。

教会のクリスマスミサは、クリスチャンでなくとも
厳かで愛しいオーラによって、これぞ本物、という
畏敬の念が湧き上がり、震えが来るほどなのです。



本来、日本人ほど宗教行事が大好きな民族はいませ
んね。

つい先日に法事を済ませたら、次はクリスマスで、
その一週間後には初詣ですからね。

唯一の神仏だけを信仰しないことに外国人は違和感
を覚えるでしょうけれど、人類がもともと多神教で
あったことを考えると、不自然なことではありません。

むしろ、宗教の違いをネタに戦争しなかった民族と
しての誇りを持つべきでしょう。



聖夜か性夜か。

今夜の過ごし方が、人生の分岐点になるかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:42| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。