2012年12月26日

首長と参議院の兼務を考える

維新の橋下氏がまたまた言いましたね。

地方の首長と参議院議員を兼務させろと。

先日、維新の分裂を危惧する記事を書いたば
かりですが、この案には賛成します。

いいえ、橋下氏の案そのままではなく、知事が
自動的に参議院議員になる制度なら賛成ですね。



自動的に就任する制度になれば、国会に地方の
意見が反映されるようになるでしょう。

加えて、選挙費用もいらなくなる上に、47人
だけで済むのですから、衆議院も定数削減をや
れば、かなりの歳出削減になります。

つまり、首長でない人は参議院議員になれない
制度ですので、新人の知事を除けば、ある程度
の政治手腕を持っている人ばかりで安心です。



問題になるのは、本当に兼務が可能かどうかと
いう点でしょうか。

副知事などを代理人にしてもよいということに
すれば解決します。

こういう制度は、すでにヨーロッパで導入され
ており、主要な都市の市長が自動的に下院議員
に就任していますので、兼務が不可能というこ
とはないでしょう。

ついでに、国の会計に複式簿記を導入しようと
いう考えにも賛成です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:首長 参議院議員
posted by 子竜 螢 at 08:54| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選挙結果ですが、やはり原発は必要という、国民の声ですかね?
Posted by 西田です at 2012年12月26日 20:55
参院に知事を任命するのは賛成です、
極力参院は、政党を超えた審議を行う方が理想的ですからね。そうなれば2院政のシステムが複雑にはなりますが、参院にも価値があるのかなと思います。
兼務は、難しいですね。経費も減らせるので良いアイディアですけどね。
Posted by König at 2012年12月26日 22:25
西田さん、コメントありがとうございます。

原発はどうせすぐにはなくせないので、直近
の課題として、経済政策が論点になってしまっ
たのでしょう。

維新も未来も、妙な合併をしたせいで、有権者
の選択肢がなくなってしまったのも、自民党を
大勝させた原因ではないかと思います。

投票率の低さからも、そう分析できるのでは?



Königさん、賛同いただきましてありがとうご
ざいます。

兼務は実質厳しいので、知事が選んだ代理人を
立てることでカバーできるでしょう。

この制度の最大の利点は、民意に背いた知事を
住民リコールでクビにできる点です。

国会の場に今までにない緊張感が生まれること
でしょう。

Posted by 子竜 螢 at 2012年12月27日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。