2012年12月27日

維新と未来の分裂に思う

未来の党が年内に分党すると嘉田代表から
発表がありました。

ネット上から意見を拾ってみますと、当然
といった意見が圧倒的に多いですね。

調整役と期待された亀井静香氏も離党届けを
出したようですし、分党は決定的でしょう。



思えば、オリーブの木構想で反増税脱原発の
勢力を結集しようとしていた小沢一郎氏を
要職に就けないという嘉田代表の発言には違
和感がありました。

だって、未来の大部分が生活の議員ですから
ね。国政に打って出ない橋下氏の維新と小沢
氏が表面に出ない未来が、期待されたほどの
議席数を獲得ではなかったのは当然かもしれ
ません。

維新と太陽との合併もそうですが、投票日の
直前になって選択肢の幅がなくなってしまった
有権者は、自民党に投票するか棄権するかに
なったのだと思います。

大きな争点がいくつもあった選挙にしては低い
投票率が、すべてを物語っているのでは。



ことさら未来を心配しているのではなく、同じ
状況に近い維新の分裂をも心配しています。

自民党が良くないというわけではありませんが、
自公政権の独裁がずっと続くのだけは、阻止し
ないと真の民主主義には育ちません。



維新のほうも、立ち上がれ派とは相容れない
ようですし、橋下氏と石原氏との政策の不一致
も気になります。

ネット上では、橋下氏はみんなと組むべきだった
との声が圧倒的に多いです。



さて、来年夏の参議院選挙を控えて、未来同様
に維新もこのままでは済みますまい。

民主党の分裂や離党者が出てくることも考えま
すと、年明けに大きな政界再編があるかもしれ
ませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 08:27| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔の社会党と自民党の2大政党政治は、よく出来ていたのかもしれませんね。
ただ、当時の社会背景を考えると今の社民党の崩壊は当然ですし、野党の受け皿としての与党と対決できる政党が存在しなくなってるのが問題でしょう。
そもそも、小選挙区性であれば第3曲という選択肢が発生しないのが当然です。3極目の発生がありえるのは与野党ともに信任を得られない状況でかつ、強力な指導者が現れた時にのみ発生するものですしね。
日本の歴史上では、3極目が現れたことはありません。南北朝、応仁、源平合戦でも対の勢力図のみですしね。

維新は、夏までもたないでしょう。というのも、高齢の石原氏と視聴の橋下氏が中心jでは、求心力が徐々に失われていくと思います。みんなの党と同じ結果なになると思います。
あえて期待するならば、橋下氏が多少の清濁を併せ持つことができるようになればという感じでしょうかね。

自公政権よりも、自民と維新もしくはみんなの党の連立政権を見てみたい気もしますね。
Posted by König at 2012年12月28日 02:52
Königさん、いつもありがとうございます。

小選挙区制にまだ有権者も政治家も慣れて
いないのでしょう。

長期的にみれば、共産と社民と公明を除いて
正統は二つに集約されてゆくと思います。

自民党だって派閥があり一枚岩ではないのに
結束しているのは、年月の積み重ねでしょう。

民主党が結束できなかったのは、結党した
鳩山氏と小沢氏をないがしろにしたから。
中心核を失えばバラバラですよね。

自民党政権が悪いとは思いませんが、暴走
させないためにも、早く野党の結集を進め
てほしいものです。
Posted by 子竜 螢 at 2012年12月28日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。