2012年12月29日

軍事解決も辞さず

中国は面倒を引き起こさないが、面倒な
ことになるのを恐れているわけではない。

昨日、中国の張志軍外務次官が北京にて
声明した内容です。

いかにも軍事的な脅しですね。

まあ、人口が多すぎて、戦争でもしないこと
には、適正な人数にできない悩みなのでしょう。



しかしながら、日本の防衛力を甘くみては困り
ます。空軍機と海軍艦艇ともに、性能には雲泥
の差がありますよ。

それに、たとえ尖閣を中国が手中に収めたとし
ても、台湾の危機につながりますから、アメリカ
軍が動くでしょう。

占領部隊への物資輸送は困難ですし、中国は軍事
行動できないと正直に言えばいいと思うのですがね。



中国も内患を抱えているので、軍事費ばかりを
突出させられない状況になってくるでしょう。

中国の国民にすれば、尖閣や南沙や西沙などは
どうでもよく、経済格差をどうにかしてくれと
いうところでしょう。

実際にも、ほとんどの中国人は尖閣の位置なん
て知らないのです。

GDPで世界第二位に躍り出たとはいうものの、
国民に実感などありますまい。



2013年は、おそらく中国対世界という構図
がはっきりしてくると思います。

これまでは中国の景気に世界経済が支えられて
きた感がありましたが、人件費の高騰や暴動的
なデモによって、世界中が中国離れを模索する
年になるでしょうね。

その筆頭となりそうなのが、中国にほとんど依存
していないロシアでしょうか。

プーチン大統領も中国の目に余る横暴な台頭には
懸念していると伝えられています。

長大な国境線で接しているロシアこそ、中国に
とっての最大の脅威となるでしょう。

以上、来年の予言でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 13:29| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍事解決も辞さないと言う態度は、中国にとっては当然でしょうけど、日本にとってもメリットが大きいです。
1 中国と有事の際に日米同盟の本格的な発動があり得ると内外に示せられる。
2 日本国内の世論を改憲及び積極的専守防衛へシフトできる。
3 中国にとっては、政府の不安定化が予測される。
4 南沙問題がある東南アジア諸国が日本を支持する可能性が非常に高い
日本にとって非核戦争であれば、自衛隊施設や自衛隊員等の軍務者の死者のみで済みますので、3000人程度の死者も出ないでしょう。無差別戦争を行えば話は別ですがね。
今の中国は清朝末期に近い状況なのかもしれませんね。ただ、今の中国は一戦負けたら崩壊しそうなだけですが
Posted by König at 2012年12月31日 12:20
Königさん、明けましておめでとうございます。

中国が一戦に及んだなら、これまで築いてきた
繁栄も国債信用力もすべて失ってしまいます。

よって、脅しだけで何もできないでしょうね。

中国対世界という構図が、それでなくとも近い
うちに出来上がると思います。

人民元の少々の切り上げだけでは、もはや世界
は納得しません。

今年は中国の体制崩壊があるかもしれませんよ。
Posted by 子竜 螢 at 2013年01月01日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。