2013年01月29日

三度目の核実験

昨年12月のミサイル発射にともなって、
北朝鮮の制裁を決議する国連の会議で、
中国がついに賛成しました。

それに伴い、北朝鮮が猛烈な反発を見せて
おります。核実験をやるぞと異例の公表を
しました。



1回の核実験で、国民全員が6年食べられる
だけのトウモロコシの価格ですので、なぜ食
料の購入に充てないのか疑問ですね。

いや、それよりも、核実験が他国への脅威に
なると信じているところが笑えます。



軍事的な知識の乏しい人は、ミサイル技術と
核をすぐに結びつけて考えがちですが、弾頭
搭載型のミサイルの開発はまだ先で、それには
爆宿という超緻密な技術が必要なのです。

爆宿とは、核物質を包み込むように覆った無数
の爆薬すべてを、0・6秒以内の時間差で爆発
させる技術です。

コードの太さや長さが違うだけでアウトですので、
他分野の工業技術の蓄積もありませんと成功しま
せん。

爆宿の技術を完成できませんとミサイルに搭載
できるほどの小型核爆弾は作れないのです。

その場合、高度1万メートル以上を飛べる戦略
爆撃機での核攻撃しかなく、ステルス技術があ
りませんと、撃墜されるのは目に見えています。



というわけで、何回核実験をやろうと脅威でも
何でもないわけでして、小型化できないとテロ
組織にも販売できませんね。

技術大国のアメリカでさえも爆宿の技術獲得に
は数回の実験を費やしました。

さて、北朝鮮は何回目で成功するでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 06:55| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度でも成功してる場合はですが、小型化は常に想定せざる得ないでしょう。そのうち搭載可能なレベルに達すると言うのが化学進化の前提ですしね。
もう一つの問題が、核兵器の保有なのですが良くこれを中国が容認してるなと思います。数少ない有報国家とは言え、もし8も配備可能なレベルで所有された場合、核保有国同士は必然的な仮想敵国になります。瀬戸際外交が恫喝外交に変わる瞬間みたいなものですから、中国としては抑制したいはずです。同様に韓国やロシアもそうなりますしね。
様子見をする時代ではないとおもいますけどね。
核兵器の保有などは、今後日本も必要な事だと思いますので色々と考える時代にやっと来たのでしょうね。
Posted by König at 2013年01月30日 02:28
Königさん、いつもありがとうございます。

中国は北朝鮮の核保有を容認してはいませんよ。

ただ、国連で制裁決議がされると庇ってきました
から、そういう印象が強いのでしょうね。

核が抑止力になるというのは20世紀まででして
今は幻想的な遺物となりました。

所詮は報復としてしか使用できないのですが、
それでも使用すれば世界中から批難を浴びそ
うです。

日本の核保有論議は、そういう意味でも重要では
なくなってきた気がします。
Posted by 子竜 螢 at 2013年01月31日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。