2013年02月10日

馬脚を現す

尖閣諸島をめぐる火器管制レーダー照射
問題で、中国側は日本の捏造だと反論し
てきました。

まあ、予想されていた範囲ではあります。



しかし、この反応には重要な意味が隠され
ていると思われます。

なぜなら、中国側は日本の護衛艦がロックオン
されてもわからない程度の性能だと思い込んで
いたのではないかと推測されるためで、裏を
返せば、中国艦艇の性能が、相手からロック
オンされてもわからないことを意味している
かもしれないのです。



ずっと以前に、北朝鮮が拉致被害者の遺骨と
偽って、他人の遺骨を送ってきたことがあり
ました。

このときも、日本のDNA鑑定技術を舐めて
いたフシがありまして、日本側の捏造と言い
張りましたからね。

今回も同じ種類の話ではないかとピンときた
わけです。

つまり、中国海軍の実力はロックオンされて
もわからない程度のものだということであり
馬脚を自ら現したものといえるでしょう。



ならば、空軍機においても同程度である可能性
は高く、尖閣諸島付近で軍事衝突が発生したと
しても、日本の圧勝に終わるでしょう。

近代戦は数だけの戦いでは勝てません。中国側
が日本の軍事力の真髄を思い知ったなら、尖閣
に関する方針を見直さざるを得ないでしょうね。

日本側の捏造と反論した時点で、逆に弱点を
さらしてしまったのですから、舞台の馬の役
をしている二人の人間よりもずっと演技が下
手でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 06:51| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レーダー照射事件の問題は、ロックオンされてる状況であったと言う事ですし、これを軍部の独断と言うならば中央政府は大分統制を取れない状況であると言う事なんですよね。
近代戦争の最大の特色は短期間で戦争の雌雄が決する場合が多いと言う事です。中国政府は、米軍が進出しない前提で行動をとってると思いますので、日本がこれだけ強気で来るとは思ってなかったと思いますので、ある意味で中国政府側の海戦要件を満たしてる状況かもしれません。
それを踏まえてのレーダー照射ですから、恐らくは偶発的な戦闘を意図してるのだと思います。
私は日本は戦争をする準備が整い次第戦争を行うべきだと思っています。そうでもしないと日本人が平和と言うモノに価値を見いだせないからです。未だ多くの日本人が戦争が悪いことだと思っています。でも、それが今の状況を生み出したと知るべきだと思いますからね。
Posted by König at 2013年02月11日 02:05
Königさん、いつもありがとうございます。

子竜は戦争には反対ですね。今の中国のやり方
が19世紀から20世紀前半の時代錯誤的なや
リ方だからです。

日本が武力を行使するときは、もっとまともな
相手とするべきでしょう。

国際ルールを無視して自分たちのルールを押し
つける国は、日本が武力行使せずとも、やがて
滅ぶのは必定です。
Posted by 子竜 螢 at 2013年02月11日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。