2013年02月16日

2012DA14

以前にもお伝えしていた直径45メートルの
小惑星2012DA14が、今朝、無事に通
過しました。

なにしろ、気象衛星よりも地球に近いところ
を通過するというので、推定質量の少しの違
いでも衝突していたかもしれないのです。

かつて恐竜を絶滅させたものの10分の1の
大きさだったとはいえ、かなりの惨状が予想
されたでしょう。



一方、ロシアではもっと小型の隕石が落ちた
ようでして、それでも1000人ほどが被害
を受けて、建物のガラスが割れるなどしまし
た。

NASAによると、ふたつの小惑星には関連
がないとのことですが、40年に1度の確率
らしいので、穏やかではありません。



ともあれ、人類が無事でよかったです。

スターウォーズ計画の遅れは気になるものの、
いつかは衝突してくる小惑星の軌道を変えたり
破壊したりできるものと、人類の英知に期待
しています。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:小惑星 隕石
posted by 子竜 螢 at 14:54| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。