2013年02月17日

アベノミクスと消費税

安倍政権が誕生してから、円安株高へと
大きく動きました。

日本の経済にとって好ましい現象ではあ
るのですが、前兆は野田政権の末期あた
りから出始めておりました。

つまり、政権交代が確実だと見た市場が
活気を取り戻したということなのでしょう。



加えて、安倍政権が打ち出した大型補正
予算と公共事業の復活は、高度成長時代
よ再び、という夢を与えてくれたのかも
しれません。

しかし、順風満帆とはいかないようです。

なぜなら、1年後には消費税の増税が待ち
受けているからで、これまで景気浮揚の兆
しがある度に増税で萎んでしまったからな
のです。



本当に増税するか否かは現政権が半年前に
決めるらしいのですが、秋までに2%の経
済成長は無理でしょうね。

それでも増税するなら、景気は反ってマイ
ナスに陥るでしょう。

増税を強行するかどうかは、夏の参議院選挙
の結果がポイントになるかもしれませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:アベノミクス
posted by 子竜 螢 at 11:17| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。