2013年03月11日

震災復興を妨げているものは?

あれから2年になります。

被災地の現況が度々報道されておりますが、
予想していたほどには復興していません。

復興を妨げているものは、放射線以外にも
あるのではないかと感じています。



震災直後の民主党政権にも問題はありました。

しかし、日給2万円とか3万円という高額の
給与を提示しても、人が集まらなかったのは
放射線への恐怖でしょう。

それよりも、被災地の自治体の職員から聞いた
話では、復興を妨げている最大の要因は、他の
地方の姿勢だといいます。



巨大な津波と原発事故のせいで、海に面した
全国の自治体と原発を抱える自治体は、安全
対策のための工事をはじめました。

津波避難タワーの建設や防潮堤のかさ上げなど、
本来は東北の復興に回すはずだった土木機器や
資材や人材を、予防のために使ってしまったの
です。

そのために、被災地では人件費が高騰し、生コ
ンなどの資材も不足しました。

こういう事態を招いたのは、震災直後に発表さ
れた、東海と東南海地震が発生した場合のシミ
ュレーションです。

500万人の死者と報じられましたから、被災地
の復興どころじゃなくなってしまったのです。



建設不況といわれておりましたので、遊んでいる
全国の建設業者を被災地に集め、政府も資金を
集中させたなら、2年ほどでかなりの復興は可能
と思っていただけに、今日という日を迎えたのは
残念でなりません。

まだ16万人の人が避難生活をしています。

1日でも早く故郷へ帰れるよう、政府と関係省庁
には強い指導力を発揮していただきたいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:東日本大震災
posted by 子竜 螢 at 12:18| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に、何でこんなに復興が遅れているのか。不思議でなりません。
メンツ、なわばり、法制度。正直そんなことはもう関係ないと
思います。復興が遅れれば遅れるほど、被災地から人は流出して
いってしまいます。
時間との勝負だと言うことがまったく政治家はわかっていません。
子竜さんの言われたとおり、一気に建設業の人たちを集め、
集中的に復興すべきであった。
だが、その復興プランもいろんな省庁が出し合い、市、県と
ぶつかりあってまったく進まなかったんだろうなと言うのは、
想像できます。
ヒトラーではないが、現地に一人の強力な実行できる支配力を
持たせて一気にやってしまうしか正直方法がないのでは?
メンツ、仕事、給料。
そんなことはもう言ってられないはずです。
東北復興。その一点で集まって頑張れないものでしょうか?
Posted by はんべ at 2013年03月11日 16:03
まず、指導者がいなかったというのが問題だったと思います。
関東大震災の後藤新平のような、絵図を描ける人がいなかったということが問題でしょうし、今ほど有事では政党間の対立が少なかったのが理由でしょうかね。
近年では9.11テロの際のジュリアーニ市長のような、強さを持った人というべきでしょうかね。
ただ、日本の場合地方首長よりも省庁の官僚の方が裁量権が大きいのでそれを改善しないといけませんけどね。

昔、小沢氏が神輿は軽ければ軽いほど良いということを仰ってましたが、首長は大将、官僚は駒と言う構図が生まれないと改善の余地がないのかなと思いますね。それだけの指導力を発揮できる政治家がいなくなったというのが本当かもしれませんね。
Posted by König at 2013年03月12日 02:31
はんぺさん、そしてKönigさん、貴重なご意見
をありがとうございます。

記事には書きませんでしたが、最大の要因は
東京電力がいつまでもグズグズ言っていたか
らではないかと思います。

素直に非を認め、東京電力からも資金と人員
が動員できたなら、違った展開になっていた
ことでしょう。

もちろん、民主党政権の指導力にも問題はあ
りました、そのときの総理が菅氏ではなく、
小沢氏であったら、とつい考えてしまいます。
Posted by 子竜 螢 at 2013年03月12日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。