2013年03月17日

日本で徴兵制度は可能か

北朝鮮の核とミサイル。

加えて、尖閣諸島をめぐる不穏な空気には
不安を感じている人も多いと思います。

そこで最近浮上してきたのが、徴兵制度の
復活論ですが、核武装とともに、考えるべ
きところまできた感じがしています。



しかし、実際問題として、徴兵制度が可能
かどうかと問われたなら、不可能としか答
えられません。

昔の徴兵制度でも給金が支払われていまし
たから、何百万人もの公務員が増えるとな
ると、国家財政は持ちません。

さらには、人数分の制服や兵器など、とて
もじゃないですが、不可能でしょう。



そしてなにより、自衛隊の質が落ちてしま
います。ハイテク兵器ばかりの世界ですか
ら、人数を何倍にも増やすのは、質の低下
を招いてしまうのです。

子竜は精神教育としての徴兵制度復活を是
としてきましたが、実際問題は別なのです。



世界の潮流も、徴兵制から志願制へと変貌
しつつあります。まだ存続している先進国
は韓国くらいなものでしょう。

ちなみに、北朝鮮は志願制であって、徴兵
制度ではありません。



このような論議をするよりも外交だけで解決
できるのが一番いいのですし、日本はむしろ
国際軍縮会議の音頭をとるのがいいと思うの
です。

核の全廃も掲げてほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:徴兵制度
posted by 子竜 螢 at 14:09| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
徴兵制は無理ですね。
まず、現代兵器の高性能化も当然ですが、兵士としての熟練期間中に任務期間が終わると思います。
そして、兵隊としての欠点は強制力に基づいた物ですから、教育効率も悪いですね。
もしも、徴兵制を行うならば即応予備自衛官を充足させて、陸海空に編成できるようにするべきだと思いますね。
とはいえ、総戦力数の底上げを考えると、徴兵制は国家の基幹部分ではあると思うんですけどね。公務員全員に対して兵役任務を5年毎に1年間ついて貰うというのが最も現実的な徴兵制度かもしれませんね。

海軍工廠が戦後の日本の工業技術を引き上げてますし、従軍するだけが兵の有用性ではないと私は思いますね。
Posted by König at 2013年03月18日 02:41
昨年末の衆議院選挙の直前に、自民党が政権を
奪還したなら徴兵制度を導入するとの報道が、
一部にありました。

後に、自民党がホームページで否定したので、
ガセネタと判明したのですが、安倍・石破路線
ならいかにもやりそうだという感じでしたからね。

それよりも、有事の際の志願兵制度を作ってほし
いものです。

Königさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2013年03月18日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。