2013年03月23日

脱北兵士が急増中

中朝国境に展開している北朝鮮の部隊から
脱北兵士が急増しているという。

脱北兵士は今までもいましたが、今年にな
ってからすでに例年の7倍にもなり、12
名が集団で脱北した事例も報告されていま
す。

また、2名の兵士が上官を射殺して逃げた
とも報告されており、食糧不足に加えて、
米韓との戦争開始機運に危機感を感じてい
るのは間違いないところでしょう。



先日、北朝鮮には空襲警報が発令されまし
た。訓練的な要素が強かったものの、アメ
リカ軍の空爆はいつ実施されてもおかしく
ない状況下にあります。

若き指導者は相変わらず強気ですが、逆に
いうと、国内の軍部を含む諸勢力の把握が
できていない可能性を示しているのかもし
れません。



1回の核実験の費用で国民全員が6年食え
るだけの食料輸入が可能なのですから、先
軍思想も行き過ぎでしょう。

だが、軍事を優先しないと軍部の反乱を招
くかもしれないので、若き指導者にとって
頭の痛い問題だとは思います。

ただ、今年の後半あたりには、何か起きる
という予感がしてなりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 11:32| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北朝鮮としては、ぎりぎりの辺りの模索でしょうかね。
兵士が上官を射殺するというのは、日本では考えられませんが統制の取れない軍隊ではありえるかもしれない話ですね。
私は、戦争はやむえなしと判断する時に戦える組織であるべきだと思ってますので、今の北朝鮮の軍隊は戦力と考えるには難しいですね。
ただ、純粋な全体主義国家の戦争は消耗戦にしかなりませんからね。民側からの政変が望ましいとは思いますが、それを工作出来るだけの人材が世界には、そうそう居ないでしょうけどね。
Posted by König at 2013年03月25日 03:58
Königさん、コメントありがとうございます。

北朝鮮では徴兵制ではなく、志願制を採用
しています。

ゆえに、食うための志願者がほとんどと見る
べきで、戦意旺盛な軍隊とはほど遠いです。

まあ、数だけは揃えているようですが、戦闘
機がベトナム戦争当時のものといいますから、
兵器の面でも戦争なんてできないでしょう。

開き直りの核使用だけは心配ですが。。。
Posted by 子竜 螢 at 2013年03月25日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。