2013年03月28日

視点を変えた一票の格差是正案

広島高裁に続いて、同岡山支部でも昨年末の
衆議院選挙無効の判決が出ました。

広島では11月までの猶予期間があったのに
対して、岡山では即時無効という厳しいもの
です。



でも、実際に是正しようとすると党利党略が
からみますし、人口は常に流動的です。

全国を1区とする以外に抜本的な改革は考え
られませんが、それでは選挙費用が膨大なも
のになってしまいます。



そこで、逆説的な発想として、格差が2倍を
超えた地域の有権者には2票を与えてはどう
でしょうか。

各候補者の得票割合は変わらないかもしれま
せんが、別々の候補者に投票できるようにな
ります。



しかし、この案は即時却下ですね。一票の格差
というのは正しい表現ではなく、議員定数の格
差が正しいことに気づくかどうかでしょう。

本当に票の格差を叫んでいるだけなら、2票与
えるだけで済む問題です。

でも、議員定数格差が問題の正体なのでしたら、
過疎地域をどう配慮するかも考えなくてはなり
ませんね。

そうしますと、比例での定数を減らして選挙区
に割り当てなくてはならなくなります。



それにしても、選挙結果に満足しているなら、
こういう訴訟は起こさないでしょう。

裁判所がどう判断しようと、一票に格差なんて
ないというのが子竜の主張です。

なぜなら、一票差でも当落が決まり、決戦投票
のない制度なのですから、一票に軽重なんてあ
りません。

やはり、多く人の民意を反映するという意味で
も、一票の格差ではなく、議員定数の格差こそ
問題なのでしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:一票の格差
posted by 子竜 螢 at 09:01| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一票の格差に関しては前に書いてますので、割愛しますが
これを無効にした場合、選挙結果を考えると無効にしてもm「自民党が圧勝した事実を放置できませんので、むしろこの判例は民主党にとっては致命的かもしれませんね。
そもそも、格差是正の判決が何回も出てきてる状況で放置してきた政権に問題がありますので、これは自民民主両党に大きな問題があるのかもしれません。
Posted by König at 2013年03月30日 04:17
Königさん、いつもありがとうございます。

格差是正をせずに、喫緊の問題でもない
消費税ばかりを論じてきたツケですね。

万一やり直し選挙でまったく別の結果が
生じたなら、パニックですよ。

小選挙区の区割りだけではなく、小選挙区
制度がいいのかどうかも議論してほしいと
ころです。
Posted by 子竜 螢 at 2013年03月30日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。