2013年04月15日

円安が防衛に悪影響

F15イーグル戦闘機の後継機としてずっと
以前から計画されてきたのが、F35ライト
ニング戦闘機です。

高度なステルス性能を備えている最新鋭機な
のですが、開発の遅れで価格の高騰が生じて
います。

オーストラリアとカナダは、一旦、購入計画
を白紙に戻しましたが、近隣諸国との関係が
悪化している日本は、白紙に戻せない弱みが
あります。



1機102億円の当初予算が、今では189
億円にまで膨らんで、さらなる円安が追い討
ちを掛けているのです。

現在のところ、中国の殲30という新鋭機の
性能がF15に迫るとはいえ、まだ優位にあ
る状況です。

ここで一度白紙にして、アメリカが生産を
中止にしたF22ラプターの購入を再交渉
するほうが現実的ではないかと思われます。



元々、日本向けの戦闘機は、専守防衛の憲法
に合わせた特別仕様になっておりました。

他国を攻撃できないよう、航続距離を落とし
てあり、対地ミサイルの搭載も制限されてい
るのです。

つまり、特注品なので価格が高くなるのが当然
でして、本来仕様のように、北朝鮮まで往復し
てミサイル基地を破壊できるのが望ましいのは
言うまでもありません。



開発の遅れと円安によって、350億円もの
追加予算が必要になってきました。

日本の防衛計画は大丈夫なのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:円安
posted by 子竜 螢 at 08:47| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はユーロファイターでよかったと思っています。
F22の再生産はないでしょうし、F35は運用実績がないという状況ならば、円安による高騰では仰るとおり、見直しが必要だと思います。
部隊運用では、補給物資の共通化が重要ですがF4とF15では共通部品を探すのが大変ですから、ユーロファイターとF15でも問題はなかったと思いますし、空自の技量向上や情報収集をかねているならばユーロファイターで問題はなかったと思います。
今のところの理想は、F4→F2再生産だと思いますね。試験機の心神やC2など徐々に実績が出てきてるのですから、来るべきF15の後継機の為と国産技術を再統合するのにはこれが一番いいと思います。

Posted by König at 2013年04月16日 02:28
Königさん、コメントありがとうございます。

本来なら、国防の主要兵器は国産で賄いたい
ものですが、開発費が防衛予算を大幅に占め
てしまうのでしょうね。

だとしたなら、共同開発は仕方のないことな
のでしょう。

どの機種であれ、安くはない買い物です。
Posted by 子竜 螢 at 2013年04月16日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。