2013年04月21日

人間Vsコンピューター

ついに、コンピューターが人間の知能を凌駕
する事態が訪れました。

将棋の電王戦の話です。



名人戦を争うA級棋士5人に「GPS将棋」と
いうソフトが挑戦した結果、1勝3敗1分けに
終わりました。

「GPS将棋」は東京大学のコンピューターを
60台も連結させたスーパーコンピューターの
ソフトで、1秒間に2億手も先を読めるといい
ますから、人間が負けるのも無理はなさそうに
思います。



それにしても、つい最近までは人間のプロ棋士
に勝てるソフトはなかったのですが、故米永邦
雄氏が初の負けを記録して以来、勝つほうが稀
になってきました。

最後に負けた三浦弘行八段によりますと、なぜ
負けたのかわからん、だそうです。

とくに悪い手を指した覚えもなかったといいま
すから、コンピューターの圧勝という印象でし
ょうか。



でも、スーパーコンピューターじゃないと動か
ないソフトなので、市販されることはなさそう
ですね。

現在市販されているソフトで最強のものは、巷
の有段者には物足りない評価ばかりですので、
プロ五段くらいのソフトが出たなら売れるでし
ょうね。

それにしても、将棋ソフトはどこまで強くなる
のでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:電王戦
posted by 子竜 螢 at 10:08| Comment(4) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
将棋はCPUが最も不得意とするシステムらしいですが、ついに勝てたということでしょうかね。
チェスの王者が敗れたのが15年ほど前ですからそれだけだいぶ持ったというべきかもしれませんね。
今後は、こういうシステムがAIに反映されるのでしょう。映画の世界ではありませんが、今後はターミネーターのスカイネットのようなものが出てきてもおかしくないと思いますね
Posted by König at 2013年04月22日 01:00
Königさん、いつもありがとうございます。

ターミネーターのスカイネットですか。。。
なにか怖い気もしますが、何でも機械がやっ
てしまう社会は、おぞましい感じがします。

今度は羽生名人が対局するそうですので、
結果はどうなるのでしょうか。

子竜としては、羽生名人に勝ってほしいの
ですが。。。
Posted by 子竜 螢 at 2013年04月22日 07:31
雀ピューターには、いつも負けています。
地道にメンピンとかで上がり続けても、雀ピューターは突然、倍満とか、上がりますし。(笑)
Posted by 西田です at 2013年04月22日 18:42
西田さん、コメントありがとうございます。

雀ピューターは手牌や積み牌の中身をすべて
把握しているのではないかと疑いたくなりま
すよね。

おそらく、勝てる人はいないのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2013年04月23日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。