2013年05月23日

自衛隊法改正案

自衛隊法の改正案が衆議院で審議入りします。

改正の趣旨は在外邦人の救出で、主に陸上輸送
の観点から、専用車両の導入などが検討される
ようです。



とはいえ、現在もっとも対立感の激しい中国に
は数万人の日本人がいまので、有事の際に全員
を救出するのは無理でしょうね。

また、自衛隊の部隊を現地へ派遣するには、そ
れなりの装備が必要で、戦闘も覚悟の上となる
でしょう。

それを踏まえての審議となりますが、何処に何
名いるのか、政府も自衛隊も把握はできるので
しょうか。



まず、無理でしょうね。民間から在外邦人の
所在報告を義務付けしない限り、不可能といっ
てもいいでしょう。

さらには、陸上輸送のみならず、船舶や護衛
の艦艇も充実させませんと、救出は困難です。

制空権の確保も必要ですから、空母の建造も
欠かせません。



こうして考えますと、やはり世界標準の軍備
にしなくてはならず、専守防衛の自衛隊から
国防軍への変貌は不可欠となります。

会期末が一ヵ月後に迫っておりますので、成立
の見込みは微妙なところですが、とくに石破幹
事長などはこの法案成立に全力を挙げると思わ
れます。

国会審議の推移を見守りましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:自衛隊法
posted by 子竜 螢 at 07:39| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
改正法というよりも、円滑化が目的ですからこれだけではああm利意味がないかもしれませんね。
一番の問題は、後手に回る法案作ってからさ苦戦を立てるというのが続くというのは、組織の運用面では面倒だという感じですしね。
積極的防衛に関する法案を、早めに体系化してほしいと思いますね。
Posted by König at 2013年05月24日 02:07
Königさん、コメントありがとうございます。

法律のせいで作戦に支障が出るというのは問題
ですので、個々の想定に対応するよりも、現地
裁量の権限を与えるのがよいでしょう。

映画「宣戦布告」のようなバカな状況だけは
回避しないと、戦う自衛隊員がいなくなります。
Posted by 子竜 螢 at 2013年05月24日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。