2013年05月29日

参議院選挙の争点

参議院選挙の投票日が7月21に決まりました。

今回の選挙で争点となりそうなものは何でしょう
か。憲法改正もひとつの争点ですが、過去に憲法
改正を言い出して勝った例はないだけに、争点が
分裂した選挙になるかもしれません。



とはいえ、直近の問題として浮かび上がってくる
のが、消費税の増税実施に向けた判断ですね。

来年4月に8%へ値上げするには、この秋までに
政府が判断することになっています。

しかし、円安による物価高の反面、給与の上昇が
なければ、増税が景気の上向き感を押しつぶして
しまうでしょう。

さらには、社会福祉と税の一体改革だったはずが
社会福祉の面は少しも論議されておらず、5年ご
との見直しの制度上、年金支給額も下がることが
予想されています。



そして、脱原発も選挙の争点とはならないまでも
国論を二分する重要な問題です。

TPP参加に対する不信感も、与党議員の間にす
らまだあるでしょう。



こうしてみますと、大きな問題がなにひとつ解決
していないのがわかります。

ねじれが解消できるか否か。それだけが政治家さ
んたちにとっての争点のように見えてしまいます
が、ネット解禁選挙の初回ですので、どのような
選挙になるのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:参議院選挙
posted by 子竜 螢 at 11:49| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。