2013年06月20日

競輪を民営に?

三重県松阪市といえば牛肉で有名ですが、最近
競輪の運営をめぐって注目されています。

なんと、民営化を模索して、議会の委員会承認
も終えたというのです。



公では採算が取れない部分を民間に委託するの
はよくある話なのですが、ギャンブルとなれば
話は別でしょう。

すでに名乗りを上げている企業もあるらしく、
民間委託なのか民営なのか、は別として、法的
な部分はどうなのでしょうね。

ある政党がカジノ法案を提出しているだけに、
民間委託が単に経費の面だけで承認されるとな
れば、後日禍根を残すことになりかねませんよ。



法律は賭博を禁止しています。

例外的に公が運営する場合には、認められてい
るだけで、民間委託も含まれるかどうかは定か
ではありません。

まして、民営化へのなし崩し的な案件だとすれば
どこかに歯止めがありませんと、パチンコのよう
な不正だらけのギャンブルになってしまうでしょう。

サクラの採用や出玉調整など、業界にいる人なら
みんな知っていることです。



ただ、本会議で承認されたわけではありませんし
委員会での詳しい論議も伝わっておりません。

どなたかご存知でしたら、お知らせ願います。

今のところは、公営ギャンブルの民営化を審議と
のみ伝わっております。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:松阪競輪
posted by 子竜 螢 at 10:22| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もギャンブルの公営化や開放は反対です。もしも、行うならば、瀬戸内の9どこかの小島などの限定地域を国家が管理するというのが理想だと思います。
そういうことをして始めて税収として見込めそうですしね。
胴元が確実に儲かるシステムであるのですから、国家としては本当はほしいのでしょうね。
Posted by König at 2013年06月21日 01:16
Königさん、コメントありがとうございます。

所詮はあくまでもギャンブルです。それを
税収の一部にしようなんて、自治体がパチンコ
屋と同じ発想では困ったものです。

どうしてもやるなら、還元率をもっと上げて
庶民に夢を与えてほしいですね。
Posted by 子竜 螢 at 2013年06月22日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。