2013年06月26日

出口戦略の難しさ

アメリカの中央銀行に相当するFRBのパーナンキ
議長が金融引き締めによる出口戦略に言及したとこ
ろ、アメリカ国内はおろか、日本の株価までが暴落
しました。

アメリカはここ数年量的緩和政策を行なってきたの
ですが、悪影響が出ないうちに政策の転換を図りた
いのでしょう。



アベノミクスでは、市中に出回る貨幣の量を増やす
ため、国債を日銀が買い取る形での量的緩和が進め
られています。

しかし、国債の価値が下落して長期金利の上昇を招く
ことから、無制限に買い取るわけにはいきません。

また、1年で物価が倍になるようなハイパーインフレ
までいかないよう、ブレーキが必要なのです。

こうしていつかは引き締めに回ることになるのですが
そのときの反動は、バブル崩壊時以上かもしれません。



日銀の白川前総裁が世間の声に応えず、ずっと量的緩
和を見送ってきたのは、反動を恐れてのことだと思い
ます。

加えて、国民の所得が増えない現状での量的緩和によ
るインフレが生じては、かえってマイナスになるとの
判断をしたのでしょう。

現状はまさにそうで、一部の企業が賃上げを宣言した
ものの、連鎖的な波及効果は見られません。



アベノミクスはまだ始まったばかりですが、双手を
上げての賛成まではできない、というのが現段階に
おける子竜の評価です。

思い切って、最低賃金の大幅な引き上げや非正規雇用
の割り合い上限を規制するなど、賃金アップの政策が
ほしいところです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 08:50| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今までは、改善も改悪もないただ惰性のままであったといえるので、アベノミクスのように吉と出るか凶と出るか難しい政策を目の前にしている状況は国民にもかなりの負担を強いられると思います。
私は、賃金アップよりも消費税の凍結と贈与税の減免や40歳以下への所得税税率の削減がいいと思います。それに、子供がいる世帯に対しては、所得税の最大80%控除や一定年収以下への補助金の支給等を行うべきだと思います。

私は自民の民主の最大の違いは、安楽死を選ぶか自殺を選ぶかという選択だと思っていました。今でもほとんど変わりませんが、今の状況はAEDを使おうとしてる感じに近いのかもしれません。ただ、マスコミがボロカスに言うほどに反動が大きくなったとも思えませんので絶える時なのだと思います。今の年金世代が後20年で世を去ると思いますので、それをどうにかする事によって、多少の改善がされると思います。
つまり、国家は後10年以内に社会保障部分を圧縮して、子供などにどれだけ投資をを繰り返せるかと、いかに効率よく年金世代を削減するかが勝負どころだと思います。

今多くの若年者世代が。子供に迷惑をかけれないと産むのを控えてますが、それを払拭しない限り子供は増えないと思います。

Posted by König at 2013年06月27日 03:52
今後20年間、我慢で終わればいいのですが、
淘汰のための過当競争になる可能性も否定で
きませんね。

少子化は、まず結婚できる社会の実現が急務
です。未婚率が35%もあるようでは、何を
しても無意味でしょう。

Königさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2013年06月27日 14:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。