2013年06月27日

人生相談欄をどう見るか

新聞や週刊誌には人生相談コーナーというもの
がありますよね。

それをどう読むかが人生の岐路だとすれば、相談
者に同情している場合ではありません。

専門的な医学や法律の知識が必要だとしても、あ
なたなりの回答を考えてみることで鍛えられるの
です。



仮に、相談者が女生としましょう。

不倫相手が「女房とはいずれ別れる」と言ってくれ
たのをどこまで信じていいのでしょうか。

こういう相談があったとしたなら、あなたなら何と
答えますか。



信じて待つべきです、という答えを出した人は、お
そらく人生の随所で騙されます。

もちろん、本当に別れて相談者と一緒になる可能性
はゼロではないものの、不倫をしている時点でその
男性はアウトなのです。信頼できる人物ではありま
せんよね。

そして、相談者も不倫だと承知しているのですから
アウトです。バツイチ男と出合ったのとは違うのです。

今すぐに別れなさい、が正しい答えです。

そして、アウトな男ではなく、誠実な男性に認められ
る女性にならなくてはいけませんね。



人生相談コーナーでは、自分なりの答えを出してみる。

そして、回答者の答えと付け合せてみますと、将来何
で苦労するかが、おぼろげながらわかってくるでしょう。

男女・金銭・健康が相談コーナーの三大項目なのですが、
弱点を知った上で生きてゆくなら、恐れることなどなく
なります。回答者の対処法を覚えておけばいいのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:人生相談
posted by 子竜 螢 at 13:58| Comment(3) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前略 ほぼ毎日、読売新聞の人生相談欄をチェックしています。 かの大新聞であるならば、日々、数十?数百?の相談が寄せられることは想像に難くありません。 あまたの便りの中から、今日の1枚を選ぶ。 誰が?選考基準は? 大多数のボツハガキはどーすんの?たぶん出してる方は深刻だと思いますが、、。 等々、疑問だらけです。 そっか、今度、人生相談してみるか。 かしこ
Posted by りんらん at 2013年06月27日 19:08
人生相談する暇があったら、自分の事はしっかり真剣に考えろといわれていた世代としては、人に頼るというのは安易であったり、求めている回答が最初から望んでいたことでないと納得できなかったりするので、疑問が残ることが多いですね。
昔とある映画で「運命は自分たち で切り開くもの」というテーマがあったのですが、まさに今はそんな時代なのかなと思いますね。
同時に他者との語り合いは底知れない知恵を生む」と言う言葉もとある小説で学びましたけどね。
Posted by König at 2013年06月28日 03:13
りんらんさん、コメントありがとうございます。

おそらく、欄に載るのは1件だけでも、回答は
個別にされていると思いますよ。

子竜がラジオ番組で担当していたときも、そうして
いました。



Königさん、いつもありがとうございます。

自力で解決するのはもっともよいのですが、頼る
という気持ちよりも、わからないから聞いてみる
ということなのでしょう。

とくに、医学や法律のことを自力で解決するのは
困難ですから、専門家に頼るのは当然ですね。

誰に相談しようと、最後に決断するのも本人です。
同じような案件でも、人によって微妙に状況が違う
ので、アドバイスする側も難しいです。
Posted by 子竜 螢 at 2013年06月28日 11:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。