2013年07月04日

ネット選挙の注意点

参議院選挙の公示日を迎えました。

今回からネット使用が解禁となったことで
いろいろな問題発生が予想されます。

やっていいこととダメなこと。

ちゃんと理解なさっているでしょうか。



ネット選挙で禁止されていることは、以下の
ことです。

候補者に成りすますこと。

メールの発信は候補者のみに許され、転送が
禁止されていること。

マニフェストや公約を印刷して配布すること。

未成年者がネットで選挙運動をすること。



大まかには以上のようなところでして、SNS
で意中の候補者への投票を呼びかけるのはOK
です。

また、ブログでの支持活動も許されています。

ただし、投票日の21日は禁止されています。
棄権防止を呼びかけるだけにしてください。



そのほかには、根拠のない誹謗中傷はやめたほ
うがいいでしょうね。

悪質と認められた場合には、罰金や懲役刑、公
民権の停止処分などが待ち構えていますので、
くれぐれもご用心。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:17| Comment(2) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットを活用したというのが、今回の大きな見所だと思います。
ただ、誹謗中傷合戦にならないように何とかコントロールを選挙管理委員会が取れるとは思いませんし、マスコミの偏向報道は問題にならないのかと思います。
ここ数日間、アベノミクスで庶民の懐が痛むを何回も言い続けてますから、非常に否定的な活動を繰り返してますが、アベノミクスが成功したらという言葉を聞かない辺り問題が多いと思いますね。
今回の選挙のように、アベノミクスを支持するか否定するかという明確な選挙が、今後どのくらいあるのか不明ですが、これほどわかりやすい選挙も少ないのでネット活用のいいテストになってると思いますね。
Posted by König at 2013年07月05日 02:34
Königさん、コメントありがとうございます。

ネット選挙とはいっても、ネットで投票でき
ないので、まぎらわしいですよね。

ただ、マスコミの報道よりもネットの書き込み
を信じる人が増えていますので、何回も経験す
るうちに、正しい方向性が示されるのではない
かと思います。

アベノミクスに関しては、子竜は懐疑的です。

庶民の懐が先に痛んでいるのは事実ですし、
消費増税を実施しますと、アベノミクスの
効果はなくなってしまうでしょう。

成功したなら、の報道は、増税の見送りが決定
しないとできないでしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2013年07月05日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。