2013年07月06日

絶滅危惧種

日本うなぎが絶滅危惧種に指定されるかもし
れないという。

たしかに、昔に比べるとずっと高値になって
庶民の口には滅多に入らなくなりました。

スーパーで売られているのもほとんどが中国
産で、日本うなぎは見かけませんね。



今年の土用の丑は2回あります。

7月22日と8月3日がそうなのですが、う
なぎを食べる習慣の日だけに、年々高騰して
いる価格のせいで、うらめしさが残りそうです。



万一、絶滅危惧種に指定されたなら、どのよう
な影響があるのでしょうか。

最悪の場合、捕獲の禁止が打ち出されて、養殖
されたものですら、川に放流することになりか
ねないでしょう。

個体数がある程度まで増えない限り、何年も食べ
られないかもしれません。



ヘラのバカ焼きは落語の話。

ヘラヘラ動くので、もとはヘラという魚だったの
ですが、鵜飼の鵜が呑み込むのに難儀することか
ら、うなぎになったらしい。

バカに美味いのでバカ焼きだったのに、ひっくり
返さないと焦げるのでカバ焼きになりました。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 07:37| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はうなぎを多少高くても国産買ってますが、こう高騰が続くとつらいですね。
最近は、おいしいウナギを出してるお店もそれほど多くないですから、探すのも大変ですね。
Posted by König at 2013年07月07日 03:22
Königさん、コメントありがとうございます。

味よりも安ければいい、となりそうでね。

秋刀魚などの蒲焼が代用品になるのでしょうか。

日本の食文化のひとつが、絶滅危惧種とは、い
ささか寂しいですよね。
Posted by 子竜 螢 at 2013年07月07日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。