2013年10月26日

修学旅行で対立

滋賀県のある高校で、修学旅行の行き先をめぐって
学校側と父兄の一部との間で対立が起きているという。

学校側が計画している行き先は韓国で、新型肺炎が流行
した年など2回を除いて、毎年韓国へ行っています。

父兄側の言い分は、例年よりも韓国では反日感情が高まっ
ていることや、北朝鮮との関係悪化を問題としています。



韓国旅行は安価で行ける海外旅行として人気がありまし
たが、さすがに竹島をめぐる対立から、日本人旅行者は
減りつつあるようです。

また、安いパックツアーですと食事や宿泊での衛生面の
問題も浮上してきており、むしろ行きたくない国になり
つつあるようですね。

滋賀県の教育委員会は、父兄の充分な理解を得ること、と
言いつつも、韓国旅行そのものには反対していません。



しかし、同様の問題が全国に広がる傾向があるらしく、
毎年中国の大連を訪れている学校などでも対立が起きて
くるでしょう。

防衛省が有事の際の邦人救出に頭を悩ませている今、父兄
の心配は当然のことのように思えます。

国内景気の浮揚という観点からも、なぜ国内にしないの
かという疑問もあります。

風評被害を受けている東北地方にしようという考えが学校
側にないのは、いかにも残念ですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:韓国 修学旅行
posted by 子竜 螢 at 13:16| Comment(5) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国は近くて遠い国ですから、物価面とかを考えると使い勝手のいいところだったり、日教組関係が韓国に汚染されてるのですから、保護者無視の韓国というのは多いと思います。
私ならば勧告よりも台湾やインドネシアをお勧めしたいですし、場合によれば裏塩とかロシア沿岸州関係も面白いと思いますけどね、

修学旅行というのは学びの場ですから、時刻から劣った地域で実地で学ぶという行為はメリットが無いので、その地域で何を学べと言いたいのか聞いてみたいですね。

私ならTPP参加国での産業育成とかを学んできたいと思いますね。
Posted by König at 2013年10月27日 03:54
Königさん、お久しぶりですね。

おそらく、この問題は遅かれ早かれ全国に
飛び火するだろうと思います。

韓国よりも英語圏の地域へ行くほうが、生徒
たちは英語を必至で勉強するかも、ですね。

韓国から何を学んで帰るのか。本当に疑問です。
Posted by 子竜 螢 at 2013年10月27日 11:38
こんにちは。子竜先生。この学校ですが、これは本当に日本の学校
なのでしょうか?だがこの学校では、毎年のように韓国への修学旅行に
行っていたようです。時期が悪すぎるし、完全に空気も読めなさすぎ。

更に言えば、隣の北朝鮮とは対峙したままいつ再び戦争が再開
するかもわからない危険な状態にあります。
延坪島砲撃事件のような事が、いつ韓国にあっても
不思議ではないのです。ここの教職員は明らかに頭がおかしいです。
預かったお子さんがもしこの砲撃に偶然巻き込まれて死んだら、
どのようなお詫びをするのでしょうか?

この滋賀の高校は、在日朝鮮人にでも
支配されているのでしょうかね?常軌を逸しています。
Posted by はんべ at 2013年10月27日 15:04
はんぺさん、コメントありがとうございます。

韓国へ行くというのも問題ですが、風評被害で
観光客が激減している東北地方の観光地などを
助けようという気持ちはないのでしょうかね。

日本中の中学や高校の修学旅行が東北へ行く
なら、国内景気の原動力ともなり得ます。

そういう発想や気持ちがないのは残念です。
Posted by 子竜 螢 at 2013年10月28日 13:49
>はんべさん
横からですが、私の学校も20年ほど前まで韓国に研修に言ってました。理由はコストが安いからというのと日教組と当時の文部省の強い要望だったと思います。

実際に授業の中で韓国の優秀性を習ったりしてましたし、中国が父で韓国が兄、日本が弟と言うような教育があったりしましたしね。
中華思想を考えれば、間違いではありませんが日本自体は飛鳥時代には中華思想から脱却してますので、国境と言う括りを使って説明した時点で破綻していたりしますけどね。

当時110円のコーラが40円で買えたと言う思い出とおいしいものが無くて食事に困ったりしていたのとミネラルウォーターを初めて買ったと言ういい経験にはなりましたね。後は、何でも千円と言う感じのイメージでしたね。全てボッタクル為の言葉なんでしょうから、半日の実態を考えると、高校生の研修も立派な収入源なのでしょうね。
Posted by König at 2013年10月29日 04:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。