2013年11月15日

朴大統領のトンデモ提案

韓国の朴大統領が、とんでもない提案をしました。

なんと、日中韓で共通した歴史教科書を作ろうと
いうものです。



菅官房長官はすかさず反対意見としての慎重な立場
を表明しましたが、日本の反対はおそらく想定内の
ことであって、新たな反日政策の材料にするつもり
なのでしょう。

そんなことが可能だと考えていたはずはなく、最近
の有力韓国紙が社説で掲載した朴大統領の外交姿勢
批判をかわす狙いがあったと思います。

朝鮮日報は、韓国が一貫して日本を批判してきたに
もかかわらず、国際社会において、日本のほうがは
るかに信頼されている現実から、朴大統領が安倍総
理との首脳会談に応じようとしない姿勢を批判して
います。

また、アメリカの各紙においても、日韓の対立では
韓国側の強硬さだけが目立っていると批判しています。



こうした状況の中で、強硬姿勢を崩さない中での共通
歴史教科書作りなど、できるはすはありません。

中国だって、おそらく反対するでしょう。

なぜなら、韓国の歴史のほとんどが中国に支配されて
いたという現実がありながら、さも韓国独自の歴史が
あるかのように改ざんされてはたまらないでしょう。

さらには、同じ民族である北朝鮮との共通教科書すら
ないのに、日中に持ち掛けるのはおかしすぎます。



韓国の反日キャンペーンは、一見して海外では成功し
ているように見えますが、さにあらず。

アメリカで慰安婦像を建立させたとはいえ、多くの
アメリカ人は逆の見方をしています。

誠実で勤勉な日本人というイメージがあり、一方では
すぐに感情に走る韓国人がいることに加えて、敵とし
て戦った経験から、日本兵が売春婦などに決して溺れ
ないことを知っているのです。

そして、現在も売春婦の多くが韓国人女性であること
からも、果たして強制連行された末の慰安婦だったの
かどうか、世界中の人がちゃんと見ていると思います。



共通の教科書を作るというなら、日本のものをそのま
ま採用するのが一番でしょう。

韓国のようなファンタジーな部分はなく、中国のよう
なプロパガンダにも冒されてはおりません。

出来もしないことを言い出すなんて、まともな政治家
の姿勢ではありませんね。

それだけ、政権運営に行き詰まってきたということな
のでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:歴史教科書
posted by 子竜 螢 at 13:33| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米MIT (大学) の教授・ジョン・ダワーは以下のように述べています。

、、、、、よしんばこれ [東京裁判] が「代表的」指導者に戦争責任について説明責任を問うための発見学習的あるいはショウケース的裁判であると了解したとしても、ある種の集団、ある種の犯罪がそこから見逃されていることはいかにも顕著である。ひとびとにおそれられた憲兵隊は誰も起訴されなかった。超国家主義秘密結社の指導者も、侵略によって私腹を肥やし、「戦争への道」を拓くことに親しく関与してきた実業家も、起訴されていなかった。日本が植民地統治していた朝鮮人と台湾人を強制動員したことは「人道に対する罪」として追及されなかったし、何万人もの外国人の若い女性たちを狩りあつめて帝国軍人に性的サービスを提供する「慰安婦」として働かせたことも訴追されなかった。また、検察団を支配していたアメリカ自身が、残虐非道さにおいて疑問の余地のない罪を犯した特定の日本人集団を、秘密裏に、そっくり免責していた。満州の七三一部隊で、何千人という捕虜を実験台に使って生物兵器を開発していた将校や科学者たちである (研究成果をアメリカに教えることを交換条件に訴追を免れた)。中国における化学兵器使用の証拠についても、検察は真剣には追求しなかった。*

*増補版・敗北を抱きしめて 下 第二次大戦後の日本人 ジョン・ダワー 岩波書店 2004 p.261

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/



Posted by noga at 2013年11月15日 14:54
noga さん、ご訪問とコメントをありがとうございます。

歴史認識が国によって違うのは当然のことでしょう。

かつて、フランスとドイツが共通の教科書を作ったと
いう例がありましたが、どちらの国側でも不評だった
ようです。

韓国が日本による被害者だと思っているなら、そう
思わせておくしかありません。
Posted by 子竜 螢 at 2013年11月17日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。