2013年11月29日

反日報道が裏目に

韓国メディアの反日報道が裏目に出ているという。

福島第一原子力発電所の汚染水問題で、海のない
栃木県や群馬県の水産物の輸入検閲を強化して以来
韓国産の水産物も売れ行きが激減しているのです。



韓国は極めて日本と近いため、福島の汚染水を報道
すればするほど、韓国民は疑心暗鬼に陥っていると
いう。

自業自得というか、いろんな面で日本の技術が優れ
いることを知っているので、自国の食の安全が心配
になっても無理はないでしょう。

韓国の原発とて、安全とはいえないからです。



とはいえ、何も起きて欲しくはありません。

偏西風に乗って放射性物質が日本へ降り注ぐ危険性
がありますから、韓国も脱原発へと早く動いてほし
いものです。

しかし、朴大統領の口から出てくるのは相変わらず
反日発言ばかりです。

日本と仲良くして技術や経済を享受しようという発
想がなぜないのでしょうかね。不思議です。



日本による統治をなかったことにはできないのです
から、いつまで過去にこだわるつもりなのでしょうか。

反日のために中国へ接近を試みても、決して国益には
ならないと思いますよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:汚染水
posted by 子竜 螢 at 07:28| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。