2013年11月30日

アイソン彗星が消滅

肉眼でも見えるとされていたアイソン彗星は、2度と
現われない彗星としても注目されておりました。

ところが、太陽に最接近したとき、氷でできていた核
が蒸発してしまったのです。



おそらく、残っているのは顕微鏡レベルの微小な塵
だけで、同彗星が消滅してしまったのでしょう。

来月から高額なツアーを予定していた日本の航空会社
は、さぞかし頭を痛めていることでしょう。



彗星が消滅するのは珍しい現象ではありません。

でも、肉眼でも確認できるものは数百年に1度といわ
れていただけに残念ですね。

若い頃にハレー彗星がやってきましたが、まったく見え
ませんでした。



彗星の出現は災厄をもたらす、というのは単なる迷信で、
信じている人はいないでしょう。

しかし、なぜかとんでもない事件が起きているのも事実
です。隣国との緊張が最大限にまで高まっている今、ア
イソン彗星の消滅は災厄の消滅になるのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:アイソン彗星
posted by 子竜 螢 at 08:06| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。