2014年02月22日

消費税の怪

製造やサービス業では、消費増税にともなって4月から
軒並みの値上げを検討しています。

しかし、一律に3%を値上げするのはおかしなことで、
カラクリに気づいている人が少ないのには驚きですね。



製品の製造とサービスの原価には、人件費が大きな割合
を占めているものです。

従業員に支払われる給与やボーナスには消費税が付与
されていないのですから、一律に3%の値上げはおかし
いと思いませんか。

値上げするなら、原材料代や光熱費の部分だけであり、
人件費を製造やサービスの原価に組み入れているなら
除外しなくてはならないはずなのです。

つまり、便乗値上げに等しい行為であって、消費者は
騙されてはいけません。



だから、給与やボーナスにも消費税を付与する法律に
変更しなくてはいけません。

そうすれば、同じ業務を外注へ委託したのと同等となり
従業員の給与を上げる必要もなくなります。

製造現場から消費者まで段階的に課税される方式の消費
税ですが、最終的には消費者が払う税金ですし、前段階
で支払った消費税を差っぴいての申告ですので、各企業
の懐も痛みません。

もちろん、国や地方の税収が減ることもありません。



消費増税には今でも反対ですが、やるならやるで、便乗
値上げだけは許せませんね。

NHKの受信料も総務委員会で3%の値上げが認められたよ
うですが、民放よりも高い人件費の分まで含んでいるの
では、国会議員の見識を疑いたくもなります。

ちなみに、子竜がもらっている印税にも消費税は付与さ
れておりません。

なにか理不尽なものを感じます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 19:23| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。