2014年03月21日

クリミア編入は許されない

クリミア自治共和国が住民投票の結果をふまえてロシア
へ編入される問題は、東西の対立のみならず、世界のあ
り方に深刻な前例を作ってしまったようです。

欧米諸国は一斉に反対を表明しましたが、ウクライナ
本国に手を出さない限りロシアとの摩擦拡大をしない
ところで落ち着く気配になってきました。



深刻な前例とは、住民投票にて国境線を変えられるとい
う前代未聞の事例のことです。

このようなことが一般化しますと、日本の一部を韓国領
にしてしまうのが容易になってしまいます。

侵略したい国へ多く移住させた上で、ある都市に集中
居住させますと、議会を確実に掌握できるでしょう。

ゆえに、日本では外国人に参政権を与えていないのです。

また、外国人に土地の所有を禁じている国も多く、日本
も早急な法改正が必要ではないかと思われます。



こういう事例は作ってはならず、国連できっちり論議
されるべきでしょう。

さもなくば、中国が台湾や沖縄に住民投票を呼びかける
かもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 21:11| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。