2014年03月25日

赤十字会談の成果は?

このところ、遺骨の収集に協力的になるなど、日本への親密度
を深めようとしている北朝鮮ですが、赤十字会談では、拉致問題
は解決済みとの従来の回答を繰り返したのみでした。

また、最近は断続的にミサイルの発射実験が行われて、朝鮮総連
本部の売却決定とともに、何かが動く気配がします。



解決済みとしている拉致問題の一方で、横田めぐみさんの娘が
面会に応じるなど、これまでとは何かが違います。

あきらかに誤魔化そうとしているように思えてならないのですが、
拉致被害者を日本へ返還できない事情があるのでしょう。

たとえば、アメリカが激怒して即戦争に発展するようなテロ計画
にかかわらされていたなど、ほぼ全員が死んだことにするしか
ないのかもしれません。



一方、朝鮮総連本部の競売は、落札したモンゴル企業の失格とと
もに、2位だった高松市の企業へ売り渡されることになりました。

総連は違法だと反発しているようですが、落札最低価格を上回って
いるので違法ではなく、退去を求められることへの不服が本心なの
でしょう。

とはいえ、実質的に大使館の役目を果たしてきた場所がなくなり
ますと、拉致問題の解決はさらに遠のく感がします。



これから始まる日韓の首脳会談も含めて、極東情勢は大きく動く
ことでしょう。

日本の外交力が試されるときです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 08:25| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。