2014年04月02日

調査捕鯨がピンチに

オーストラリアからの提訴を受けて、国際司法裁判所が
日本の調査捕鯨のやり方を、条約の趣旨に反するものと
判決を下しました。

調査捕鯨とはいいながら、実質的には商業捕鯨ではない
かというのです。



まあ、痛いところを突かれましたね。

しかし、条約の本来の目的は、鯨資源の保護ではありません。

商業捕鯨の再開に向けて、時期を探るための調査が目的だった
はずなのです。

日本は古くから捕鯨をやってきた国ですので、他国には馴染ま
ない文化ではありますが、条約の趣旨はあくまでも商業捕鯨の
再開が前提ですので、へこむ必要はないと思います。



それにしても、豚や牛は殺して食べているのに、鯨はダメだ
なんて、ずいぶん勝手な言い分ですよね。

魚類にしたって絶対に食べないというわけではありますまい。

単に文化の違いというよりも、日本が野蛮な国だという先入観
のみの提訴であり判決ではなかったでしょうか。



小学生の頃、給食にでてくる肉といえば、鯨でした。

その頃はあまり好きではなかったのですが、懐かしい味ですね。

こうなれば、日本は商業捕鯨再開の時期を明確にするよう、逆に
提訴すべきだと考えます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:調査捕鯨
posted by 子竜 螢 at 06:49| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
調査捕鯨は、結構理由付けしてるだけの捕鯨なので判決自体は妥当かと思います。ただ、強制力と言う点ではないの思われるので、このまま黙殺を続けてもいいのかなと思います。孤立すると言う風なことを言う方もいますが、孤立し他として、対抗措置として国連等に対して資金提供を停止してしまえば国連自体の機能は早々に喪失すると思われますので、そういう選択を示すのもありかと思います。
牛や豚を容認するのに鯨とイルカを禁止すると言うのもばかげた話ですしね。
Posted by König at 2014年04月03日 04:24
Königさん、コメントありがとうございます。

新しいブログではどういうわけか、記号が入っていますとこのように表記されてしまいます。

ご容赦くださいませ。


捕鯨は文化です。でも、文化を強調すると野蛮な文化ということになってしまうのでしょうね。

絶対に理解し合えない部分でしょうから、条約
脱退もアリかもしれません。
Posted by 子竜 螢 at 2014年04月03日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。