2014年04月12日

原子力発電のコスト

元東京電力の技術者だった小野俊一氏によれば、1kwhを
発電する際にかかるコストは、原発で15円、火力では2
円から3円程度だったという。

このことは小野氏が著書や講演などで再三のべているも
ので、原発による発電が安いというのは、単なる幻想も
しくは意図的な捏造のようです。



最近は円高のせいで火力のコストは確かに上がっている
のですが、それでも原発は数倍のコストがかかっています。

しかも、福島の事故以前の話なのです。



そもそも、公表されている原発での発電コストには廃炉の
費用や使用済み核燃料の処理費は含まれておりません。

というより、使用済み核燃料の処理技術がまだ確立されて
おらず、技術開発にはなおも膨大な費用が必要でしょう。



小野氏による試算は、当時の東電内部でも常識とされていた
ようで、原発のせいで高い電気料金を払わされてきたこと
になります。

なぜそこまでして原発を各地に建設したのかと推測するに、
いつでも核兵器の製造が可能な状態にしたかったからです。

もちろん、原発の核燃料と核兵器の濃度は違います。
しかし、濃縮ウランやプルトニウムの精製には原発の技術
が応用されるのです。



最近、閣議決定にて実質上のGOサインが出されました。

原子力規制委員会の存在は、規制が目的ではなく安全という
お墨付きを与えて合法的に原発を再稼動させるのが役目です。

われわれ庶民は、マスコミの報道を鵜呑みにするのではなく
小野氏のようなかつての内部を暴露した話に耳を傾けるべき
でしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

ラベル:原子力発電
posted by 子竜 螢 at 07:21| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。