2014年05月25日

中国の落としどころ

中国派何をしようとしているのか。

このところ、日本の尖閣諸島ばかりではなく、フィリピン
の南沙諸島やベトナムの西沙諸島にまで覇権を行使しよう
としています。

また、国内ではウイグル自治区の暴動デモなど、自らの
国内対外政策が招いたツケをどうするのでしょうか。



中国は国連安保理の常任理事国ですので、何が決議されよ
うと拒否権を発動できる強みがあります。

しかし、それだけに世界中からの反発も強く、落としどこ
ろを探るのは容易ではありません。

おそらく、簡単に周辺諸国が引き下がるとでも考えていた
のでしょう。まったく困った隣国ですね。



落としどころのひとつのケースとしては、共産党による一党
独裁の崩壊があります。

でも、そのような兆候は今のところなく、アメリカ軍による
抑止が効いていて、軍事衝突にまでは至らないケースがほと
んどです。



とはいえ、中国側にも引き下がる気配はなく、このままでは
軍事衝突は必至でしょう。

第三次世界大戦が発生するとすれば、中国とロシア対欧米と
アジア諸国といった構図でしょうか。

ちょっと身震いが起きそうな話ではありますが、現実感が日増
しになってきている今、各国の協調連携こそ重要かと思われます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


ラベル:中国
posted by 子竜 螢 at 09:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。