2014年05月27日

握手会ビジネスの終焉

人気アイドルグループの握手会で、刃物による傷害事件
が発生したことについて、警視庁は握手会の中止を要請
したようです。

この動きは全国に波及するとみられますが、営利の興行に
警察が警備をするというわけにもいかず、企業側は苦しい
対応に迫られそうです。



握手会はとくに熱狂的なファンが多く集まることから、警備
を厳重なものにするには、空港での搭乗チェックに匹敵する
セキュリティが求められます。

そんなことは個々の会場ごとに不可能でしょうから、握手会
を売りにしたビジネスはもう成り立たないかもしれません。



そもそも、中古店では握手券のないCDが山と積まれています。

一人で何枚も何十枚も買っては握手券だけを抜き取って、CD
本体を中古店に売っているのでしょう。

そうして、何十万枚売れましたなんて公表していたのですから
おかしな話です。売れたのはCDではなく握手券でしょう。



いや、それよりも、身体の一部を触らせて商売にしているので
すから、風営法が適用されるのではないでしょうか。

となると、メンバーの女の子たちは風俗嬢というこになってし
まうわけですが、表向きはあくまでもCDの販売ですよね。ギリ
ギリといったところでしょうか。



ともあれ、今後の握手会が中止となりますと、CDは売れませんし
握手券を持っている人からは苦情が来そうです。

握手会ビジネスは終わったのかも。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


ラベル:AKB48
posted by 子竜 螢 at 11:41| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。