2014年05月30日

維新がついに分裂

維新の会がついに分裂しましたね。

とはいっても、一昨年の11月に大阪維新の会と太陽の党とが
合併した際から、水と油のような関係ではありました。



しかし、分裂とはいっても、元の二党に戻るという単純な構図
ではなさそうです。

橋下氏に近い人もいれば石原氏に近い人もいます。が、衆参の
選挙の結果、中立的な立場だった人がかなりいるのです。



加えて、自民党が連立政権を組んでいる公明党は、集団的自衛権
の問題や改憲の点で不一致ですので、公明党を外して石原氏の新
党と結ぶべきとの意見も出始めています。

その一方で、大阪維新の会は結いの党との連携をほぼ確実にして
いますので、政界再編が夏場から予想以上に進むのかもしれません。



何にせよ、こうも政党が乱立していては自民の一人勝ちになるのは
必定で、政治が暴走しないためにも強い野党の出現が求められます。

いったい誰が起爆剤となるのでしょうか。


ラベル:維新の会
posted by 子竜 螢 at 12:03| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
維新には元々選択肢が無かったのですから、今回の分離は必然的だったのかなと思います。
維新の会には、国政でのポジションが超保守しかないのですから、太陽と一緒になるのは当然でしたし、有権者の流れとしてもおそらくは保守政党になるのを望んでいた層が多かったのかなと思います。
維新と言うのも新しくするという意味もありますが、明治維新からあやかって命名してるのであれば、保守以外に選択肢が無かったのですから、今回の分党は大きなマイナスにしかならないでしょうし、結いの党との合意も政党としての発展を見出せないかなと思います。
Posted by König at 2014年06月01日 03:46
こんにちは^^ 子竜先生。
いや、なんて言うか分裂が遅すぎない?
と思っていました。
私は、この前の選挙、維新はもっと伸びるかな?と思っていましたが、
さすが日本国民。保守はやはり自民、そして
安倍首相の発言力で自民一択になりましたね。

今回主義主張の違いで維新は分裂しましたが、維新に期待した国民は正直ガッカリしたと思います。民主党はまあ、論外として、次の選挙も、自民一択かと。
集団的自衛権でぶつくさ言っているサヨクの皆さんがふざけて民主党や維新に投票するだけでしょうね。
維新の会、そして分裂した石原派閥がどれくらい抜けるか。どちらにせよ。国民にとっては、あまり関係のないことかもしれない。
今の自民党はしっかりしていますからね。

維新の会は、右なのか左なのか本当に訳の分からなかった党だけに石原氏がおそらく
新しく旗揚げする党は極右に近い党になるかもしれませんね。でもその方が特徴が出て良いかもしれません。これまでの維新の会は
何やっているのかさっぱりわからない党でしたから。
Posted by はんべ at 2014年06月01日 09:26
König さん、コメントありがとうございます。

石原氏にくっついている人たちは、それぞれ個性の強い人ばかりですので、分党後の再分党も
ありえるかもしれません。

公明党から連立政権の交代を目指しているくらいなら、自民に戻るほうがいいでしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年06月01日 10:23
はんぺさん、コメントありがとうございます。

たしかに、維新は右へ酔ったり左へ行ったり、
橋下氏の思いつきに党内が振り回されている感がありましたね。

二大政党制のもう一方の中心核となれるかどうか、結いの党との合併だけでなく、乱立している政党をまとめるだけの力量が試されるのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2014年06月01日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。