2014年06月12日

拉致問題が急速解決か

古屋拉致問題担当大臣によると。安倍総理がいつでも
訪朝する用意があると話したという。

安倍総理発言の時期こそ明かさなかったが、小泉氏の
ように、帰国時のお土産として拉致被害者を伴う覚悟
なのかもしれません。



北朝鮮が拉致問題の再調査を約束してから、日本は
独自制裁の解除姿勢を示しました。

もちろん、ある一定の成果があってこその実際の解除
となるわけですが、今のところはまだ口約束の段階で
すので、訪朝してまでも確約に結び付けたいのでしょう。



張成沢氏の粛清以来、中国とのパイプが途切れがちに
なっている北朝鮮としても、韓国が反日を叫んでいる
今が日本へ接近するチャンスでしょう。

もしも訪朝が実現すれば、問題は急速解決するかもし
れません。



とはいえ、拉致被害者を小出しに帰国させる駆け引き
をするかもしれず、予断を許さない相手です。

行くなら、きっちりと成果を挙げてほしいものですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:拉致事件
posted by 子竜 螢 at 07:41| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。