2014年06月23日

都議会の野次問題

都議会でセクハラ的な野次を飛ばしたのは、鈴木某議員
でした。自民党会派の議員です。

本人が名乗り出たのではないところに、問題がありそう
ですね。

意見があるのなら、代表質問に出たらいいのです。



国会でもそうなのですが、質問者と答弁者はほんの少数
だけで、あとは野次係らしい。

いい歳のオッサンたちが野次を飛ばしている光景は、小学校
の学級会よりもお粗末じゃありませんかね。

本当に、議員の数が多すぎるから暇な議員が生まれてしまい
野次のひとつも飛ばしたくなるのでしょう。

議員なら、野次じゃなくて政策で争っていただきたい。



今回の野次は、独身の女性議員に対して、結婚せよと迫った
野次でしたが、そんなことは本人の自由です。

また、相手がいなくては、本人の意思だけではままならない
問題でもあります。



ところで、野次の主は判明しましたが、懲罰があるわけでも
なく、犯人探しに何の意味があったのでしょうか。

よくわかりませんね。

それが議会というお化け屋敷なのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:野次
posted by 子竜 螢 at 15:00| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。