2014年07月06日

人手不足と人件費

東京商工リサーチによれば、人手不足と人件費の高騰
による倒産が、すでに前年度を上回り、加速する傾向
にあるという。

国民の負担が増えた一方でこうした動きがありますと
ますます辛い局面になりそうです。



とくに接客業の求人には人気がなく、かといって一般
事務職は狭き門です。

人気のない業種が求人をするにはライバル企業よりも
給与を高めにするしかなく、そのために倒産しては元
も子もありません。

かといって、人がいなくては今までの収益維持が難しく
やはり倒産ということになるのでしょう。



価格競争が従来のまま激しいものだとすれば、企業は
製品の値上げにも踏み切れず、したがって、給与アップ
など望めません。

アベノミクスははたして正しかったのか。

まだ過渡期とはいえ、個人も企業も負担ばかりが先に
来ているのでは長く持ちませんね。



消費増税とセットのはずだった景気対策はどうなっている
のでしょうか。

緊急性の乏しい集団的自衛権よりも、議員定数の削減など
消費増税とセットだったはずの案件を審議してくださいな。

まさか、来年も消費増税するのではないでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


posted by 子竜 螢 at 12:06| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直、消費税増税は痛手ですし、私の職場も人材不足で予算の関係上求人も狭き門状態です。
牛丼チェーン店を始め、安易な安売りで囚人の法則状態で生産者まで相当迷惑を被っているこの状況を売り手だけでなく、買い手も気づくのでしょうか?
Posted by G.FUJINMA at 2014年07月06日 17:54
G.FUJINMAさん、いつもありがとうございます。

今後、日本では老人介護にも人手が必要ですよね。実質的な生産人口はさらに減ります。

かといって、安易な移民受け入れにも賛成しかねますから、難しい問題です。

加えて、若者はクレーマーが多くなった接客業に就きたがらない傾向にあります。

根本的な構造改革が必要ですね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年07月07日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。