2014年07月19日

高校野球を考える

全国で夏の甲子園大会の予選が始まっています。

そこで問題となるのは、真夏の炎天下でのプレーという
選手たちの健康管理と、9回まで決着しなかった場合の
対処です。



昔はほとんどませんでしたが、最近の猛暑は違うようで
して、脱水による足の攣りや熱中症になるケースが増え
てきました。

根性で克服するのは昭和の話。昔の部活では水を飲んで
はいけないと教えられたものです。



予選も含めた大会の時期をずらす工夫もさることながら、
9回で決着しなかった場合、どうしも長時間の試合となっ
てしまいますよね。

サッカーのPK戦に相当するものがあればいいのですが、
安打数や塁打数で決めるという方法も、発祥がアメリカ
ですから日本独自のルールは適用しにくい面があります。

草野球ではジャンケンによるポジション対決ですが。。。



さまざまな問題を抱えつつ、今年も予選がスタートしました。

野球留学・特待生などの問題も、野球だけが高体連から独立し
ている高野連という組織についても、そろそろ抜本的な見直し
が必要ではないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


ラベル:高校野球
posted by 子竜 螢 at 07:55| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱く燃える甲子園ですが、やっぱり脱水症状、日射病、熱射病等の心配は選手のみならず、応援する人達もですね。甲子園を新しくする時、屋根付きにすれば良かったですが(有り難みは減りそうですが?)、時期が夏休みのように大型の休みはなかなか無いですからね。
延長戦は12回までと再試合も出来ましたが、やや問題は残っているでしょう。
高校球児達の夢と日本野球界の未来の為にも球児達が圧し潰れない体制を作って欲しいものです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年07月19日 21:57
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

犠牲者が出ないと改善されない。そんな前例どおりにしてほしくありませんからね。

今年も無事に大会が終わるよう祈るばかりです。
Posted by 子竜 螢 at 2014年07月20日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。