2014年07月20日

永住外国人は対象外

永住外国人に対する生活保護費の支給について、最高裁は
対象外とする判決を下しました。

日本人による申請がなかなか受け付けられない中で、外国
人には支給しているという不満があったのは事実でして、
今回の判決は国民の怒りに応えたのでしょうか。



とはいっても、現実には各自治体が裁量権にて永住外国人
にも支給しています。

ただし、どこの自治体も財政難なのですから、支給額を減ら
したり対象を狭めることが予想されます。



ところで、最低賃金が生活保護費を下回っている都道府県が
まだ四つもあるのですが、こういう逆転現象はいつになった
ら改善されるのでしょうか。

医療費の無料、NHKもタダですので、本当はもっと大きな差
ですからね。国民年金との差額は言うに及ばずです。



社会福祉全体の見直しを行なって、整合性を求めませんと
不公平ばかりが目立ってきます。

消費税率のアップには、たしかセットになっていたばずでは。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:生活保護
posted by 子竜 螢 at 10:30| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも厚労省は無視する方向みたいですね。勿論、人道大事は分かりますが、過ぎればつけこまれ、寄生されるだけです。外国籍だから苦労するのは分かりますが、その国の人達はどう思っているのでしょうか?もし、日本と同じ立場だったら相手に対してどうなるか?痛みが分からないのだからというより、傷の擦り付け状態です。
消費税アップは外国籍の人達の為でなく、国民の為という定義をきちんとしてもらいたいものです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年07月20日 19:59
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

本当に生活できなくなった外国人は、本国へ送ってそちらで面倒をみてもらうべき。

この判決はいかにも遅いですね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年07月21日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。